新着情報

Round.16 Australia GP Qualifying

Photo Gallery

Pramac Australian Motorcycle Grand Prix - Rd.16

2015年10月17日
Phillip Island– Australia
公式予選

天候: 晴れ
気温: 16°
湿度: 64%
コースコンディション: ドライ
コース温度: 41°


#30 中上貴晶
【FP3】 12th 1’33.974 (22 laps)
【Q P】 6th 1’32.968 (22 laps)


#25 アズラン・シャ-・カマルザマン
【FP3】 15th 1’34.071 (21 laps)
【Q P】 15th 1’33.440 (22 laps)


オーストラリアグランプリ二日目は、好天に恵まれた。IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶とアズラン・シャー・カマルザマンは、それぞれ6位と15位で予選を終えた。


中上貴晶は、午前中のフリー走行は12位。午後の予選ではわずか5周目で昨日の自己ベストを上回った。予選終了間際には1分32秒台にのせ、6位へと浮上。明日のレースは、2列目6番グリッドから決勝を迎える。


アズラン・シャー・カマルザマンは、午前中のフリー走行は最終ラップに自己ベストを約0.03秒更新し、15位となった。午後の予選では序盤に1分33秒台に乗せ、一時7位までポジションアップ。その後も1分34秒台前半の良いペースを刻みながら予選を15位で終えた。明日の決勝スタートは5列目から迎える。


岡田忠之監督

トップから1秒差に17番手までひしめく大接近戦の予選となった。中上もトップから0.4秒差と挽回は十分に可能である。中上のチーフメカニックも、明日は良いレースができるだろうと、強い手ごたえを感じているので、明日の結果を多いに期待したいと思う。
アズランは自己ベストも大きく更新できたし、安定したペースでタイムを刻んでいる。レース序盤が鍵となると思うので、スタートを決めて、良いレースをしてもらいたい。

#30 中上貴晶

リアに重点を置いてセットアップをしたが、FP3で昨日のフィーリングとタイムを上回れるセットアップまで煮詰めることができなかった。予選では、1分32秒台にタイムを載せることができたが、リアのグリップに関してまだ改善の余地がありそうだ。しかし、アベレージタイムはトップから劣っていないので、明日は挽回のチャンスは多いにあると思う。明日は、タイヤマネージメントにも配慮しつつ、トップ集団でバトルができるよう粘り強く戦いたい。

#25 アズラン・シャ-・カマルザマン

マシンとのフィーリングは悪くなかったので、コース攻略に重点を置いてライディングに集中した。午後の予選では、セッティングに変更を加えたところ、マシンの安定性が上がりタイム更新につなげることが出来た。明日はポイントゲットを目指して頑張りたい。



Photo Gallery

Pramac Australian Motorcycle Grand Prix - Rd.16

17.October.2015
Phillip Island– Australia
Qualifying

Weather: Sunny
Air Temperature: 16°
Humidity: 64%
Track Condition: Dry
Track Temperature: 41°


#30 Takaaki Nakagami
【FP3】 12th 1’33.974 (22 laps)
【Q P】 6th 1’32.968 (22 laps)


#25 Azlan Shah Kamaruzaman
【FP3】 15th 1’34.071 (21 laps)
【Q P】 15th 1’33.440 (22 laps)


Second day of Australian GP took place under the perfect blue sky. IDEMITSU Honda Team Asia Takaaki Nakagami and Azlan Shah Kamaruzaman finished in 6th place and 15th place respectively.


Japanese rider Takaaki Nakagami finished FP3 in the morning in 12th place. However he broke his own best from yesterday at 5th lap from the opening Qualifying in the afternoon. Just before the end of the session he reached 6th place improving further his best time. He will start tomorrow’s race from 2nd row 6th position on the grid.


Teammate Azlan Shah Kamaruzaman ended in 15th position Free Practice 3 in the morning, improving 0.03 second from yesterday. In the early stage of the Qualifying in the afternoon, he reached 7th position momentarily dropping under the 1’34s. Keeping good pace early with 1’34s, he finished the qualifying in 15th place. He will start tomorrow’s race from 5th row.


Tadayuki Okada (Team Manager)

The Qualifying session went head to head with top 17 riders finished within 1 second. Nakagami finished with just 0.4 second difference from the top and I’m sure that he still has the possibility to catch up with his rivals. Also Nakagami’s Chief mechanic is feeling a good response for tomorrow race, I expect a good race result tomorrow.
Azlan had good pace and improved his time a lot. I really expect that he will make a good start and race tomorrow.

#30 Takaaki Nakagami

I focused on rear setting, but I struggled to find best set up which exceed the time and the feeling I had yesterday. At the Qualifying session, I dropped under the 1’33 second but I’m sure that the grip on rear tire can be improved more. But the average time is not so far from the polesitter, so I’m sure that I can make up for the difference time of top. Taking care of the tire-management, I try to battle in top group!

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

As the feeling with machine was not so bad today, I concentrated on the riding making a special effort to capture the course. I challenged the qualifying adding small adjustment on the machine, the stability of the bike increased a lot and leaded to the improvement of the time. Tomorrow race I will do all my best to get some more point!