新着情報

Round.16 Australia GP Race

Photo Gallery

Pramac Australian Motorcycle Grand Prix - Rd.16

2015年10月18日
Phillip Island– Australia
決勝

天候: 晴れ
気温: 15°
湿度: 60%
コースコンディション: ドライ
コース温度: 42°


#30 中上貴晶
【Race】 4位


#25 アズラン・シャ-・カマルザマン
【Race】 21位


IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、素晴らしいパフォーマンスを見せ4位でチェッカーフラッグを受けた。一方、アズラン・シャー・カマルザマンは、21位でフィニッシュをした。


2列目6番グリッドからスタートを切った中上貴晶は、1周目を7番手で通過。しかし、大混戦により順位を10位まで落としてしまうが、6周目から1分33秒台のペースをキープしながら中盤まで10番手を走行した。しかし、14周目を皮切りに当初1秒以上あった前走者との差も徐々に詰めていき、ポジションを着実に上げていった。残り3周となったところで、ついに4位までポジションを回復してフィニッシュとなった。


アズラン・シャー・カマルザマンは、5列目15番グリッドからスタート。2周目にはポジションを2つあげて、1分33秒台の好ペースで12位を走行。しかし、21周目に第4コーナーで転倒を起してしまい、レースに復帰するも21位でフィニッシュとなった。


岡田忠之監督

両ライダーとも良いスタートを切ったが、中上については序盤のペースが思うように上がらず、少し苦戦してしまったようだ。序盤からペースを上げていくという課題を克服できるよう、我々も仕事をしていきたい。
アズランについても良い調子で走行していたので、21周目での転倒が悔やまれる。次戦マレーシアは、彼にとって母国グランプリとなるので、上位を目指して頑張ってもらいたい。

#30 中上貴晶

良いスタートを切れたにも関わらず、序盤のペースが上がらず、上位のペースアップにもついて行けなくて10位までポジションを落としてしまった。自分のリズムを刻めるようになった6周目からは、終盤にかけて少しずつペースを上げることが出来て、他のライダーがペースをキープするのに苦戦しているなか、最終ラップまで良いペースで4位までポジションを回復することができた。しかし、課題の残る週末となった。リアのグリップとセッティングを克服できれば、次戦マレーシアGPではトップ争いができると思う。表彰台を目指してチーム一丸となって戦いたい。

#25 アズラン・シャ-・カマルザマン

とても調子がよくリズムよく走れていただけに、残り5周のところで転倒してしまったことが本当に悔しい。レースに復帰して完走をしたが、21位という結果で残念だ。次戦は、母国GPなので、良い結果を残せるようベストを尽くしたい。



Photo Gallery

Pramac Australian Motorcycle Grand Prix - Rd.16

18.October.2015
Phillip Island– Australia
Race

Weather: Sunny
Air Temperature: 15°
Humidity: 60%
Track Condition: Dry
Track Temperature: 42°


#30 Takaaki Nakagami
【Race】 4th position


#25 Azlan Shah Kamaruzaman
【Race】 21st position


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami showed stunning performance at Pramac Australian Motorcycle Grand Prix, scoring 4th place. While, Azlan Shah Kamaruzaman finished in 21st place.


Starting from second row 6th position on the grid, Japanese rider Takaaki Nakagami completed first lap in 7th position. He lost his position to 10th momentary due to the close race, but from the 6th lap he began to pick up his pace with the 1’33s, keeping the position 10th until mid-way. However, from the 14th lap he built the momentum shortening the difference which there was more than 1 second with the rider front of him. He improved the position steady one by one, and at the 3 lap remaining he reached in 4th place and took checkered flag.


Teammate Azlan Shah Kamaruzaman, starting from 5th row 15th position on the grid, improved 2 positions at second lap and reached in 12th in good pace with the 1’33s. However, he crashed at turn 4 in 21th lap, rejoined to the race but finished in 21st place.


Tadayuki Okada (Team Manager)

Both riders made good start but Nakagami struggled to find his pace at the beginning of the race. We have to work harder in order to resolve the problems which he suffers to pick up the pace.
I’m really disappointed for Azlan that he crashed at 21st lap because he was having good pace. Next race in Malaysia is Home GP for him, so I expect that he try to finish in higher position!

#30 Takaaki Nakagami

Despite I made good start, I struggled to pick up my pace and to follow fast pace of top riders at the beginning of the race, and lost the position to 10th. From 6th lap which I started to have good rhythm, tried to hammer down toward the final lap. Many riders slowing up, but I could keep up the pace to the end, happy to finish in 4th place, but we have still problems to resolve. Overcoming the problems on grip and setting of the rear, I’m sure that I can battle in top group. I try to secure the podium at next GP in Malaysia!

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

I’m really disappointed to crash with 5 laps remaining as I was feeling very well with machine and having good rhythm. I rejoined and tried to finish the race, but I’m so sorry for the result in 21st place. Next GP is Home race for me, so I will do all my best to have good result!!