新着情報

Official Test JEREZ

ヘレスIRTAテストで中上貴晶とラタパー・ウィライローが2016年シーズンに向けて好調な走りを披露


スペイン・ヘレスサーキット: 2016年3月4日(金)


2016年最初の公式走行となるIRTAテストがスペイン・アンダルシア地方のヘレスサーキットで、3月2日から4日の三日間にわたって行われた。IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶とラタパー・ウィライローは、ともに精力的な走行で、2週間後の2016年開幕に向けて着々と準備を進めていった。
当チームで三年目のシーズンを迎える中上は、三日間で合計171周を走り込み、最終日の最終セッションで今回の自己ベストタイムを更新。トップタイムから0.642秒差の総合7番手、1分42秒372を記録した。

一週間前のプライベートテストでもすでに持ち前の速さを発揮していた中上は、今回の公式テストでさらに様々なセットアップの方向性も試し、シーズン全18戦に向けた準備に専念した。次のカタールテストでは開幕戦を視野に入れながらさらに密度の濃いテストを実施する。 今年からチームに加わったウィライローは、Moto2クラスで豊富な経験を持つ選手だけにチームにも即座に順応し、実り多いテストになった。 古傷の左肩を万全の状態にするため昨冬12月に実施した手術の経過も順調で、日に日に本来の調子を取り戻しつつある。今回のテストでも徹底した走りこみを行い、合計167周を記録した。走行のたびにフィーリングも向上し、総合タイムでは1分43秒497の22番手でテストを終えた。
次回のテストは、カタール・ドーハ郊外のロサイルサーキットで、3月11日から13日の三日間にわたって行われる。


中上貴晶(7th, 1’42.372, 171laps : 3days total)

「今回はテストなので、ラップタイムだけを追いかけるのではなく、年間18戦の様々なコンディションで走ることを想定し、セットアップの可能性を試して多くのデータを収集することに集中した。最終日には、良いフィーリングを得ていない状況でも安定した高いレベルのラップタイムを連発できた。フィーリングが改善すれば、さらに良いタイムで走れることは確実なので、次のカタールテストでさらに方向性を詰めていきたい」

ラタパー・ウィライロー(20th, 1’43.497, 167laps : 3days total)

「今回のテストでは、セッティングとフィーリングの両面で着実に前進することができて、良い内容の三日間だった。肩の調子も日に日に良くなり、自分の走りにも少しずつ自信を取り戻せている。次のテストでやるべき事柄も明快なので、レースには100パーセントの状態で臨めるように全力で準備を進めたい」

岡田忠之-チーム監督

「オーリンズの助力もあって、中上は安定した高い水準のラップタイムで走行できた。充分に戦えるレベルまで来ているので、あとは我々が努力して、良いパッケージでチャンピオンシップを争える状況へ持って行きたい。ラタパーは、トレーニングとケアを継続して、肩の状態はだいぶ良くなってきた。総じて、今回は得るものの多いテストになった。両選手とも、次回のドーハテストでさらにステップアップしてくれることは間違いないだろう」



Solid start for Nakagami & Wilairot at Jerez IRTA test


Circuito de Jerez: Friday, March 4 2016


IDEMITSU Honda Team Asia were back in action for three days official IRTA test held at Jerez circuit, Spain. Asian riders Takaaki Nakagami and Ratthapark Wilairot successfully collected a lot of data under the Andalusian sunshine, which is very important to prepare for the season opener in two weeks time.
Nakagami, who is entering the third year with this team, completed 171laps in three days total. At the final session of Day-3, he posted his best lap in this test with 1m42sec372, which is the 7th fastest and only 0.642 from the top.
Having already shown a high potential by setting the top time at private testing just a week ago, the Japanese tried various setting in this official test to prepare for 18 races to go. In the next testing venue, Nakagami and his team will try more with good confidence for the season opener.
For Wilairot, although this is the first year to work with this team, his broad experience in Moto2 class helped him to fit in the team very quickly. After having a surgery last December in order to heal completely his old wound on the left shoulder, an intensive treatment and work-out rehabilitation made him ride the bike gradually onto the level he used to do.
Wilairot kept on improving the feeling of the bike and completed 167 laps in total. The best time for the Thai rider was 1m43sec497, the 22nd fastest over all.
With leaving Jerez in a positive mood, now it is the time for two Asian riders and their team to be headed to Doha for another and final important test.


Takaaki Nakagami (7th, 1’42.372, 171laps : 3days total)

“ In this test, we tried some variations in setup and concentrated on collecting data as much as possible without worrying too much about lap time because we will experience various conditions in 18 races to go. In the afternoon of Day-3, we were able to set good lap times consecutively even when I did not have a good feeling with the bike. I am happy about it because the more we improve the feeling, the more my lap time should be improved. We will finalize the way to follow at the next three days test in Doha!”

Ratthapark Wilairot (22th, 1’43.497, 167laps : 3days total)

“It was very positive test for us. Everyday, we made a good step forward and improved a lot both in setting and my feeling with the bike, which is good. Also, my shoulder is getting better and now I am getting back my confidence. For the next test, we have clear ideas to try and we’ll get ready to be 100% for the race!”

Tadayuki Okada - Team Manager

“With the good help of Ohlins, Nakagami was able to post consistent lap time in high level. We are in a competitive level and what I am supposed to do now is giving him a good package in order to fight for the championship. For Ratthapark, his shoulder is getting better with his intensive training and treatment. It was very productive test for us, and I believe both of our riders improve more in the next test in Doha.”