新着情報

Official Test Qatar

カタールテストで中上貴晶が総合6番手タイム開幕に向けて万全の体制で締めくくる


カタール・ロサイルインターナショナルサーキット: 2016年3月13日(日)


いよいよ目前に迫った開幕戦に備える3日間の最終公式テストが、カタールの首都ドーハ郊外に位置するロサイルインターナショナルサーキットで行われた。開幕戦と同一条件のナイトセッションとして実施されるこのテストでは、現地時間の午後3時(日本時間午後9時)にコースがオープン。午後10時30分(日本時間翌未明4時30分)に走行時間が終了するまで、Moto2クラスとMoto3クラスがセッションを交代しながら、連日7時間30分のテストが行われた。
IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶とラタパー・ウィライローは、ともに充実した走行で着々とマシン作りを進め、開幕準備を整えていった。当地は砂漠に囲まれた環境であることから、路面に積もった砂がセッションの進行とともに少しずつ掃き清められてゆくという特徴があるが、中上はどのような路面状況でも安定して上位のラップタイムを記録した。三日間で134周を走り込んだ中上は、自己ベストタイムを更新する1分59秒815をマークして、トップと僅差の総合6番手。開幕戦へ向けて確かなセットアップの手応えも掴んで、プレシーズンテストを締めくくった。
チームメイトのウィライローも、走るたびにマシンフィーリングを向上させながら、合計で141周を走行。2分00秒672のベストタイムを記録した。課題だったブレーキングポイントの安定性も日々改善を見せ、上位陣とのタイム差をセッションごとに確実に詰めていった。
2016年開幕戦カタールGPは、3月17日(木)に開幕。激戦のMoto2クラスは、現地時間午後6時55分(日本時間3月18日午前0時55分)に、フリープラクティス1回目がスタートする。


  

中上貴晶(6th, 1’59.815, 134laps : 3days total)

「この三日間のテストで自己ベストタイムも更新し、課題だったリアのフィーリングも向上した。ユーズドタイヤでも安定して1分59秒台で走れているし、総じて納得のいく内容でテストを締めくくることができた。開幕戦に向けて大きな自信を持って臨むことができるので、チームに感謝したい」

ラタパー・ウィライロー(18th, 2’00.672, 141laps : 3days total)

「レースウィークに100%で臨むという目標はしっかり達成できたと思う。バイクも良くなり、ロングランのペースもまずまずだった。ブレーキングも改善してタイヤの理解も進んだ。いいレースを迎えることができそうで楽しみだ」

岡田忠之-チーム監督

「両選手とも、チームと一丸となって順調にテストを進めることができた。中上はレースラップは安定しているので、タイムアタックの向上を次の課題にしたい。ラタパーは三日目にセミレースシミュレーションを実施していい内容でまとめることができた。良いセットアップを見いだして、ふたりとも自信を持って走ることができているので、開幕戦では、中上は少なくとも表彰台、ラタパーもシングルフィニッシュを目指してがんばってほしい」



IDEMITSU Honda Team Asia Gets Reay for the Race


Losail International Circuit : Sunday, March 13 2016


Final three days of pre-season testing have drawn to a close at Losail International Circuit with Takaaki Nakagami set strong 1min59sec815 in the final session, which put him sixth fastest in all nine combined sessions, while his team mate Ratthapark Wilairot posted 2min00sec672 for his personal best lap time ever in this circuit.
Each day, the track has opened at 15:00 (GMT +3) local time and the testing went on until 22:30 under the floodlights to make the same conditions as the race weekend, with Moto2 and Moto3 class alternating their sessions.
As is always the case in Losail, dusty surface due to the desert sand has been improved session by session, but regardless of the track condition, the 24 year old Japanese consistently kept his name within single position on the timesheels. Nakagami completed 134 laps in three days total and concluded this test to have found a good direction of the setting for the race weekend in four days’ time. Wilairot kept improving his feeling of the bike and completed 141laps in three days. The Thai rider also improved his inconsistent braking points issue, which enabled him to close the gap from fast riders in every session.
The first Free Practice for Moto2 class of the Qatar GP commences at 18:55 local time (GMT +3) on March 17.


Takaaki Nakagami (6th, 1’59.815, 134laps : 3days total)

“In this testing I have improved my best lap time as well as my feeling with the rear of the bike. Also, my lap time is very consistent to be the 1min59sec brackets with used tyre. I am happy about what we have done. Thanks to my team, now I am ready for the race weekend.”

Ratthapark Wilairot (18th, 2’00.672, 141laps : 3days total)

“I think we have accomplished our target which is to prepare 100% for the race weekend. We improved a lot with the bike. We tried race simulation and my pace was not so bad. We understood more about the braking and the management of the tyre. For sure, we will have a good race weekend.”

Tadayuki Okada - Team Manager

“I am very happy for our riders and our team staff to have finished this three days testing in this positive mood. Nakagami set very consistent lap time, which is good. His next target is to make a good flying lap. Ratthapark tried semi race simulation today and his rhythm is decent. Both riders found a good set-up and now they have enough confidence to prepare for the race weekend. It’s fair to say Nakagami will fight for the podium and Ratthapark can aim for single position. We are ready for the season opener.”