新着情報

Round 01 Qatar Free Practice

2016年シーズンがいよいよ開幕中上は初日8番手、ウィライローは17番手発進


カタール・ロサイルインターナショナルサーキット: 2016年3月17日(木)


コンディション:ドライ
気温: 25 ℃?22℃  路面: 24 ℃?21℃


2016年シーズンのMoto2世界選手権が、カタール・ドーハ郊外のロサイルインターナショナルサーキットで戦いの火蓋を切って落とした。毎年恒例のナイトイベントとして開催されるこの大会で、フリープラクティス1回目(FP1)は現地時間の午後6時55分(日本時間 3月18日午前0時55分)にスタート。45分間のセッションで、IDEMITSU Honda TEAM Asiaの中上貴晶とラタパー・ウィライローは、先週に同地で行われたテストの成果をフルに発揮して精力的な走行を重ねた。
午後9時50分からのFP2では、中上はクラッチやシフト操作に多少の課題を抱える状況でありながらも、トップからわずか0.413秒の1分59秒996を記録。初日の総合順位は8番手につけた。
ウィライローも、自己ベストタイムを更新しながら17番手。アベレージでも連続して2分01秒台を刻む内容で確実に前進を果たし、明日以降もさらなるタイムとポジションアップを狙う。
金曜の走行は、午後7時55分(日本時間19日午前1時55分)から45分間のFP3が行われる。


中上貴晶(8th, 1‘59.996, +0.430)

「今日はクラッチのフィーリングとシフト操作に少し課題を抱えながらの走行になった。その状態でもトップからわずかなタイム差で走ることができた。この技術面の課題が解決してバイクが良くなれば、明日は確実にもっと速くなる。その意味でもまったく心配をしていないし、状況は悪くないと思う」

ラタパー・ウィライロー(17th, 2’00.520, +0.954)

「序盤からラップタイムを上げて、安定して2分01秒台で走れたので、良いスタートを切ることができたと思う。3周ほどタカの後ろについて走って、自分の改善ポイントもわかった。バイクもラップタイムも、いい方向に進んでいる」

岡田忠之-チーム監督

「今日の中上はストレスを抱えながらの走行で、ライディングに集中しにくい状態だったが、そのなかでもよくがんばって走ってくれた。明日はバイクをさらに改善して集中して走ってもらえるようにしたい。ラタパーも、中上と似た事象がFP1で発生したが解決し、少しずつポジションを上げている。明日以降も一歩一歩、確実に前進を遂げてほしい」



Strong Start for IDEMITSU Honda Team Asia in Doha


Losail International Circuit : Thursday, March 17 2016


Weather: Dry
Ambient: 25 ℃?22℃:Track: 24?21℃


The 2016 Moto2 World Championship kicked off today at Doha Losail International circuit in Qatar. Traditionally, the season opener weekend is held under the floodlights after sunset.
FreePractice1 has started at 18:55 local time (GMT +3) for 45 minutes duration, and IDEMITSU Honda Team Asia men, Takaaki Nakagami and Ratthapark Wilairot fully utilized their track time to improve and refine their competitiveness. Both Asian riders reassessed the information they have collected at last week’s IRTA test. In FP2, Nakagami set eighth fastest lap time 1’59.996, only the fractions of a second from the top, even in the condition that he had to deal with a slight issue with clutch and shifting.
His team mate Wilairot improved his best time with 2’00.520 and missed only two position from finishing top fifteen. The Thai veteran stepped forward today with the consistent 2m01s brackets.
Tomorrow will see only one session of FP3 for Moto2 class, starting at 19:55 local time.


Takaaki Nakagami (8th, 1’59.996, +0.430)

“Today I set a decent lap time, even though we had a slight issue with clutch and shifting. I know we will improve our lap time further when we sort out this technical issue, so there’s nothing to worry about at all.”

Ratthapark Wilairot (17th, 2’00.520, +0.954)

“I think we made a good start. I improved my pace from the beginning and consistently set 2m01s. Taka let me follow for three laps and now I understand where I need to improve ore. In general, I am very happy with my bike and my lap time.”

Tadayuki Okada - Team Manager:

“However Nakagami did not ride comfortable with his bike today, I think he did very well. We will improve his bike and he can concentrate better on his riding tomorrow. Ratthapark had a similar phenomenon to Taka in FP1. Having sorted it out, he steadily made a step forward. Both of our riders will improve their position tomorrow.”