新着情報

Round 01 Qatar Qualifying

カタールGP予選で中上貴晶が3列目9番グリッド獲得。ウィライローは8列目から決勝レースに臨む


カタール・ロサイルインターナショナルサーキット: 2016年3月19日(土)


コンディション:ドライ/ウェット
気温: 23℃  路面: 23℃


 土曜日午後6時55分(日本時間20日午前0時55分)に始まったカタールGPの予選で、中上貴晶が1分59秒811を記録して3列目9番グリッドを獲得した。緊迫感に満ちた45分間の予選で、中上はセッション序盤から安定して2分00秒台中盤から前半のタイムを維持。セッション終盤には中上は危なげない走りでさらにラップタイムを詰めてゆき、9番手タイムを記録した。

 チームメイトのラタパー・ウィライローも、ここまで順調にセットアップを進めてきたが、セッション開始早々に最終コーナーで他ライダーに接触されて転倒。マシンを修復して走行を再開したものの、リズムを取り戻すことは難しく、23番手タイムの2分00秒790で23番グリッドからのスタートとなった。

 明日の日曜日は午後4時25分(日本時間午後10時25分)から20分間のウォームアップ走行を実施。決勝レースは午後7時20分(日本時間21日午前1時20分)にスタートし、全20周で争われる。


中上貴晶(9th, 1’59.811, +0.759)

「ニュータイヤを装着した際のタイムアップが小さいので、厳しい予選を覚悟していたが、なんとか3列目を獲得できた。明日のウォームアップに向けてこれからチームと改善点を相談し、決勝には万全の体制で臨みたい」

ラタパー・ウィライロー(23th, 2’00.790, +1.738)

「セッション開始直後、最終コーナーで他のライダーに接触されて転倒し、セッション時間を無為にしてしまった。修復後はユーズドタイヤでの走行を余儀なくされたために、ラップタイムを更新できなかった。23番手からのスタートは厳しいが、レースペースは良いので明日はトップ15を目指したい」

岡田忠之-チーム監督

「中上は3列目から決勝を迎えることになったが、表彰台争いを目指していいレースをしてほしい。レースは終盤周回が勝負になるだろう。ラタパーは予選開始後早々の転倒後、リズムを取り戻せないまま終わってしまった。ここまで確実にステップアップを果たしてきたので、決勝レースはがんばって追い上げて、ポイント圏内を目指してほしい」



Third Row for Nakagami, Wilairot Starts from eigth row


Losail International Circuit : Saturday, March 19 2016


Weather: Dry Ambient: 23℃:Track: 23℃


After forty-five minutes qualifying practice, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set ninth fastest lap time with 1’59.811 and secured the third row for the race.

Nakagami demonstrated his competitiveness by setting consistent 2min00 middles to lows. At the closing moments of the session, the Japanese Moto2 veteran successfully improved his lap time on his penultimate lap in the session.

On the contrary, team mate Wilairot had to come through a difficult qualifying. Right after the start of the session, the Thai rider, who had made a steady progress in this weekend, was hit by a rider at turn16. Although the team’s speedy work to fix the bike, Wilairot could not regain his rhythm, which forced him to finish the qualifying with 2’00.709 and start the race from twenty-third grid.

The twenty minutes warm-up session starts at 16:25 local time tomorrow before the twenty lap race starts under the floodlights at 19:20.


Takaaki Nakagami (9th, 1’59.811, +0.759)

“Having seen our tiny lap time improvement with the fresh tire, we expected the qualifying would be difficult. Anyway, we managed to secure the third row, which is more or less acceptable. Now we will check the data with my team to find something and prepare for the race.”

Ratthapark Wilairot (23th, 2’00.790, +1.738)

“It was very difficult qualifying because right after the start, a rider hit me at turn16 which made me crash and ruined my session times. After repairing the damage of my bike, I had to go with used tire, which was why I could not improve my lap time. Starting from twenty-third grid is not good, but with my race pace I can chase for top15.”

Tadayuki Okada - Team Manager

”Even though Nakagami starts the race from third row, I believe he can fight for the podium. Managing the latter half of the race will decide the outcome of the race. Ratthapark could not get his rhythm back, after his crash in the beginning of the qualifying. He had made a steady progress so far, and I hope he will fight for top15 tomorrow.”