新着情報

Round 01 Qatar Race

中上貴晶が開幕戦を14位で終える。ウィライローは13位でフィニッシュ


カタール・ロサイルインターナショナルサーキット: 2016年3月20日(日)


コンディション:ドライ
気温: 22℃  路面: 24℃


 2016年シーズンの開幕戦カタールGPで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は14位。チームメイトのウィライロー・ラタパーは13位でゴールした。
 現地時間の午後6時55分(日本時間 3月21日午前0時55分)にスタートした決勝は、中上を含む6名の選手がジャンプスタートを通告される奇妙な展開のレースとなった。レースが始まってまもなく、スタートの瞬間にグリッド上でわずかな動きがあったと通告された中上たち4名はライドスルーペナルティを科され、レース最終盤に通告された選手2名には20秒を加算するペナルティが与えられた。表彰台圏内を争っていたポジションから、ライドスルーによって一時は21番手に落とした後も、中上はトップグループと遜色ないタイムでポジションを回復し、最後は14位でゴール。貴重な2ポイントを獲得した。
 チームメイトのウィライローは、終始力強い走りを披露。序盤から終盤まで一貫して安定感の高い走りを続け、最後は13位でチェッカーフラッグを受けた。
 2016年第2戦アルゼンチンGPは、舞台を南米大陸に移して二週間後の4月1日にスタートする。


ラタパー・ウィライロー(13th)

「厳しいグリッド位置からのスタートになったが、良いレースを出来た。Moto2で久しぶりに獲得したポイントなので、とてもうれしい。ラップタイムも、狙っていたとおりの安定した内容だった。素晴らしいバイクに仕上げてくれたチームに感謝したい」

中上貴晶(14th)

「通常なら3~3.5秒で消えるグリーンシグナルが、今日はいつもより少し長く点灯していたように感じた。ライドスルーの後も良いペースで走れていただけに、このペナルティがなければ少なくとも表彰台争いは出来ていたと思う。不完全燃焼の非常に悔しい開幕戦になってしまったが、次のアルゼンチンGPでは気持ちを切り替えて臨みたい」

岡田忠之-チーム監督

「ペナルティが適用される結果になったのは残念だが、中上はレース後半も良いタイムを維持できた。シーズンは先が長いので、今回2ポイント獲得したことを前向きに捉え、最終戦までしっかりと戦い抜きたい。ラタパーは厳しいグリッド位費からのスタートだったが、安定感を維持してポイントを獲得できた。今後も、両選手揃って高い順位でフィニッシュできるように、取り組みを続けたい」



13th Finish for Wilairot, 14th For Nakagami


Losail International Circuit : Sunday, March 20 2016


Weather: Dry
Ambient: 22℃:Track: 24℃


After twenty laps’ bizarre but nail biting race, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami crossed the line with fourteenth, with his team mate Ratthapark Wilairot having checkered flag just one position in front of him.
At the beginning of the twenty lap race which has started 18:55 local time (GMT +3), Nakagami dominated the race in the leading group. He and other three were informed in earlier stages to obey the ride though penalty due to the jump start, which demoted him to twenty-first position. Thereafter the Japanese rider started bouncing back with strong pace. Nakagami overtook riders one after another and finally climbed up to fourteenth. Other two riders who were informed the violation at very end of the race were applied twenty seconds timepenalty.
Team mate Wilairot also showed strong performance and set consistent lap times. The 27 year old Thai rider demonstrated invictus determination till the end and finished the race with thirteenth position.
The Argentina GP will commence in fortnight and the FP1 is set to start at 09:55 on April 1.


Ratthapark Wilairot (13th)

“Considering the fact that we had to start from difficult position, we did a good race today. I am very happy with this result because quite a long time I didn't get points in Moto2. My lap time was consistent, which was what I had expected for the race. I want to say thanks to my team for their great job.”

Takaaki Nakagami (14th)

“It’s a great pity that my race pace was brilliant and I could’ve aimed for the podium if I hadn’t been applied the ride through penalty. I felt the signal was stayed more or less two seconds longer than usual. I was very disappointed with this result. Anyway, now we set our focus to the next race in Argentina.”

Tadayuki Okada - Team Manager

“We feel sorry that Nakagami had to be applied the penalty, but his pace was very competitive and consistent until the end of the race. Anyway, he had two championship points, which is positive. Ratthapark demonstrated strong pace and took three points, despite his bad starting grid. We will keep this momentum and try to get good results for the next one.”