新着情報

Round 02 Argentina Qualifying

中上貴晶は2列目4番グリッドから決勝へ ウィライローは7列目を獲得


Rd02 アルゼンチンGP/テルマス・デ・リオ・オンドサーキット: 2016年4月2日(土)


コンディション:ドライ
気温: 30℃  路面: 41℃


 アルゼンチンGPの予選を終え、 1分43秒709を記録したIDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、2列目4番グリッドを獲得。チームメイトのラタパー・ウィライローは7列目21番グリッド、予選タイムは1分44秒572だった。
 今日のサーキット周辺は、気温は昨日と同様だったが上空を雲が覆って路面温度は昨日よりも低くなり、走りやすいコンディションになった。午前のFP3では、中上はセットアップをさらに進め、ラップタイムも順調に短縮していった。ウィライローも昨日のラップタイムを更新して上位との差を0.6秒とし、午後の走行に向けて好感触を掴んだ。
 午後に行われた45分間の予選でも、両選手は決勝を見据えた走行を継続した。中上はセッション後半に高い水準のタイムアタックを連発してラップタイムを詰め、23周のレースに向け万全の体勢を整えた。ウィライローも、安定感の高いアベレージを刻み、明日に向けた準備を着実に積み重ねている。
 明日は、現地時間午前10時10分(日本時間午後10時10分)から20分のウォームアップ走行が行われ、決勝レースは午後14時20分にスタートする。


中上貴晶(4th, 1’43.709, +0.362)

「フロントローは逃してしまったものの、初日から高いアベレージで走れているし、路面温度が変化しても安定した速いラップタイムを刻めているで、不安要素はない。明日はスタートを決めて、序盤からトップグループを争いたい。カタールの悔しさを晴らすためにも、最低でも表彰台を狙うつもりだ」
 

ラタパー・ウィライロー(21th, 1’44.572, +1.225)

「予選では速いタイムを出せなかったがレースペースは安定しているので、明日はいい走りをする自信がある。ブレーキングも昨日から改善し、旋回性も向上して良い加速につながっている。明日はポイント圏内を目指して戦いたい」

岡田忠之-チーム監督

「中上はサスペンションの調整を継続しながら、予選でも好タイムで2列目4番グリッドを獲得できた。明日は、開幕戦のペナルティ分を取り戻すという意味でも、是非とも表彰台を狙って戦ってほしい。ラタパーは予選でタイムアップを意識しすぎるあまり、21番手と低迷してしまったが決勝では、この巻き返しを狙って奮起してほしい」



4th Grid for Nakagami 7th Row Start for Wilairot


Rd02 GP MOTUL DE LA REPÙBLICA ARGENTINA: Saturday, April 2 2016


Weather: Dry
Ambient: 30℃:Track: 41℃


After forty-five minutes qualifying, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start from second row for tomorrow’s Argentina GP, with setting forth fastest lap time of 1min43sec709. Another Asian rider and his team mate Ratthapark Wilairot will start from seventh row twenty-first grid. His best lap time in the qualifying was 1min44sec572.
Today’s ambient temperatures were similar to yesterday, but the presence of cloud cover resulted in track temperatures reaching much lower levels than in the previous practice sessions. In the morning FP3 session, Nakagami improved the setting of their bike, which gave him a good feeling and rhythm for the race on Sunday. Wilairot also set a good lap time with 0.6sec from the top in this session.
At forty-five minutes qualifying in the afternoon, both IDEMITSU Honda Team Asia riders demonstrated a solid step forward for the race. Nakagami made consecutive flying laps at the end of the session, which shows good sign for tomorrow, while Wilairot concentrated on setting consistent lap times.
The next Moto2 session is the twenty minute Warm Up session at 10:10 local time tomorrow (GMT -3) before the twenty-three lap Argentina Grand Prix gets underway at 14:20.

Takaaki Nakagami (4th, 1’43.709, +0.362)

“It’s a pity to have missed the front row, but I have a good rhythm for the race and always set consistent lap times regardless the track temperatures, so we are ready for tomorrow. We have to fight for the podium in order to recover some points we have lost in Qatar!”

Ratthapark Wilairot (21th, 1’44.572, +1.225)

“Although I didn’t make a good lap time in qualifying, my race pace is good, so I am confident for tomorrow. We have improved braking and turning, and now I have a good acceleration. For tomorrow, I will fight to get some points.”

Tadayuki Okada - Team Manager

“Well done for Nakagami. Today he continued to adjust suspension settings and made a good flying lap in the qualifying. We expect he will fight for the podium tomorrow which will compensate for what we lost some points in Qatar. It’s a shame that Ratthapark missed good grid position and sank to seventh row, but I hope he will bounce back from there to top15.”