新着情報

Round 02 Argentina Race

中上貴晶は9位でアルゼンチンGPを終える。ウィライローは17位でフィニッシュ


Rd02 アルゼンチンGP/テルマス・デ・リオ・オンドサーキット: 2016年4月3日(日)


コンディション:ドライ
気温: 24℃  路面: 28℃


 2016年第2戦アルゼンチンGPで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は9位。チームメイトのラタパー・ウィライローは17位でゴールした。
天気予報が的中してこの日は朝から雨となり、午前のウォームアップはウィーク初のウェットセッションになった。現地時間の午後2時20分(日本時間 4日午前2時20分)にスタートした決勝では、路面状況は改善してきたものの、ところどころにウェットパッチが残る難しいコンディションだった。中上は、まずまずのスタートからオープニングラップで上位陣につけていたが、慎重を期してペースアップしきれずに順位を下げた。その後、前の選手を着実に処理しながらポジションを挽回し、最後は9位でチェッカー。
チームメイトのウィライローは、序盤の混戦で集団に飲み込まれながらも、ベテランらしい落ち着いた走りを継続して、ポイント圏内目前の17位でゴールを果たした。
第3戦アメリカズGPは、4月8日に走行を開始。Moto2クラスのFP1は現地時間午前10時55分にスタートする。


中上貴晶(9th)

「ウェットパッチが残る少し微妙なドライコンディションの中、スタート直後から序盤の5周でペースを上げられなかったことが今回の敗因になった。最後はシングルポジションまで位置を回復したが、納得のいくレースにはならなかった。今回の内容を反省し、次戦こそ良いリザルトを得られるように全力で臨みたい」

ラタパー・ウィライロー(17th)

「レースではまずまずのスタートを切れたが、集団の中で前に出られず、遅れを取ってしまった。バイクは良く走っていたので、ポイント圏内でフィニッシュできなかったのが残念だ。今回のウィークでは転倒もなく着実に前進をできた。いつもがんばってくれるチームには本当に感謝をしている」

岡田忠之-チーム監督

「中上は序盤にペースを上げることができず15番手付近に沈み、その後は少しずつ順位を挽回したものの、最初のギャップが最後まで大きく響く結果になった。ラタパーも同様の展開で、終盤に追い上げたもののポイント圏内には届かなかった。両選手とも残念なリザルトになったが、この悔しさを発憤材料にして、次のオースティンで挽回する走りを見せてほしい」



9th Finish for Nakagami, 17th For Wilairot


Rd02 GP MOTUL DE LA REPÙBLICA ARGENTINA: Sunday, April 3 2016


Weather: DRY
Ambient: 24℃:Track: 28℃


After the difficult twenty-three lap race, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami finished in ninth place, while his team mate Ratthapark Wilairot had a checkered flag with seventeenth.
As the weather forecast predicted, rain began to pour down prior to the morning warm up session which was declared wet for the first time in this weekend. For the race which has started 14:20 local time, the track has been almost drying out, although there were some wet patches remaining. Nakagami made a decent start in this difficult conditions, however, his prudent riding in the opening laps had to sank him a bit backwards. The Japanese rider recovered the position in the final laps and crossed the line with ninth place. Wilairot also missed out the group in the beginning, then came back lap by lap and finished the race only two places to top15.
The Americas GP will commence on April 8 and the FP1 for Moto2 class is set to start at 10:55 local time (GMT -5).


Takaaki Nakagami (9th)

“Although the race has started with dry, there were some wet patches remaining, which made my race complicated, especially for the opening laps. At the end I came back to ninth, but it was not what we had expected. We will improve our fault and try to make it better for the next race.”

Ratthapark Wilairot (17th)

“I made a decent start but stuck in the traffic and lost the group. It’s a shame to have missed top15 because my bike was working well in the race. Anyway, we kept improving in this weekend without any crash, which is positive. Thanks to my team for their hard work ”

Tadayuki Okada - Team Manager

“Although Nakagami fought back in the final part of the race, his struggle at the beginning made it difficult to recover. It is the case for Ratthapark, too. Even though he tried hard to come back at final stages, top15 was unreachable. I hope they will turn these frustrating results to the strong determination for the next race weekend in Austin.”