新着情報

Round 03 Americas Qualifying

中上貴晶は2列目6番グリッドから決勝へ
ウィライローは8列目を獲得


Rd03 アメリカズGP/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ: 2016年4月9日(土)


コンディション:ドライ
気温: 25℃  路面: 31℃


 45分間の予選を終え、 2分09秒206を記録したIDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、2列目6番グリッドを獲得。チームメイトのラタパー・ウィライローは8列目24番グリッド、予選タイムは2分10秒734だった。


 FP3開始時のサーキット上空には黒い雲が覆われていたが、45分のセッション中ほどから雨が降り始めた。雨脚が強まるとともに選手たちはピットボックスへ戻り、しばらく様子を見ることになった。セッション終盤には路面の状況を確認するためにコースへ出る選手たちもいるなか、中上とウィライローは濡れた路面で危険を冒す愚を避けてピットにとどまった。


 午後に行われた45分間の予選でも、両選手は充実した内容の走行を継続した。中上はセッション後半に高い水準のタイムアタックを連発し、最終ラップでさらにラップタイムを詰めてポールポジションから0.3秒差をマークした。ウィライローも、昨日の転倒による痛みを抱えながらも、自己ベストタイムを大幅に更新。決勝レースに向けた準備を着実に積み重ねている。


 明日は、現地時間午前9時10分(日本時間午後11時10分)から20分のウォームアップ走行が行われ、決勝レースは午後12時20分にスタートする。



中上貴晶(6th, 2’09.206, +0.356)

「予選ではわずかにフロントローに届かなかったが、昨日からさらに自己ベストタイムを更新できた。バイクのフィーリングも良く、ブレーキングスタビリティが決勝では自分たちの武器になると思う。上位陣のタイムは接近しているので、明日はしっかりと序盤からペースを上げて表彰台を狙うレースをしたい」

 

ラタパー・ウィライロー(24th, 2’10.734, +1.884)

「今日は昨日よりも体の調子が良くなり、セットアップでも前進をできた。レースに向けて安定したアベレージタイムで走れているが、フロントのフィーリングをもう少し改善できればさらに良いリズムで走れると思う。明日は前のライダーをたくさん抜いて、トップ15フィニッシュを狙いたい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は自己ベストタイムを更新して2列目に入ることができたので、良い内容の予選だった。ラタパーは、昨日の転倒で無理が利かない状態でも、自己ベストタイムを大幅に詰める走りで健闘してくれた。スタート位置は厳しいが、明日のレースもがんばってほしい。中上は、序盤周回でトップグループにしっかりとついて行ければ良いレースをできると思う」



6th Grid for Nakagami
8th Row Start for Wilairot


Rd03 Red Bull Grand Prix of The Americas : Saturday, April 9 2016


Weather: Dry
Ambient: 25℃:Track: 31℃


After forty-five minutes qualifying, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami just missed the front row for tomorrow’ Americas GP and starts from second row with sixth fastest lap time of 2min09sec206. His team mate Ratthapark Wilairot will start from eighth row twenty-fourth grid. His best lap time in the qualifying was 2min10sec734.


Morning FP3 has started under the gloomy sky, and the rain began to fall in the middle of the session, which made all riders go back to the pit and halted their work for a while. Some of them went back on the dump track in the final ten minutes, although, both Asian riders wisely stayed in the garage not to take unnecessary risk.


At forty-five minutes qualifying in the afternoon, Nakagami consistently improved his lap time at the final stages of the session with posting the 2min09s bracket. His best lap time was only 0.3s from pole position. Wilairot also set good lap times by bettering 1.5s from yesterday.


The next Moto2 session is the twenty minute Warm Up session at 0910 local time tomorrow (GMT -5) before the nineteen lap Argentina Grand Prix commences at 12:20.



Takaaki Nakagami (6th, 2’09.206, +0.356)

“Although we missed the front row, I have improved my lap time consistently and the gap from pole position is very small which is positive. My braking is very strong and we are very competitive for the race. For tomorrow, I will make a good start and keep up with leading group to get the podium.”


Ratthapark Wilairot (24th, 2’10.734, +1.884)

“Today I feel better with my physical condition and we made a good step forward with the setup. We already have a good rhythm for the race and if we can improve more with the front feeling, so much the better. For tomorrow, I will try to overtake as many riders as possible to finish within top15.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Well done for Taka, with his continuous improvement of lap time. Second row is a decent position for tomorrow. The key of the race is to keep a good rhythm from opening laps and follow the leading group. Ratthapark did a very good job considering his injury. Starting from eight row is not easy, but we believe he will make a good race to get championship points.”