新着情報

Round 03 Americas Race

表彰台争いを繰り広げた中上は15位でゴール
ウィライローは19位でフィニッシュ


Rd03 アメリカズGP/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ: 2016年4月10日(日)


コンディション:ドライ
気温: 23℃  路面: 28℃


 全19周で争われた第3戦アメリカズGPで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は表彰台争いを繰り広げたが、他車との追突により転倒。即座にコースへ復帰したものの15位に終わった。チームメイトのラタパー・ウィライローは負傷で痛む体をプッシュして19位でチェッカーフラッグを受けた。


  中上は午前のウォームアップセッションでトップタイムを記録。自信を深めて臨んだ決勝レースでも、序盤から表彰台圏内を争う激しいバトルを続けた。だが、集団内で終盤に向けて好位置につけていた16周目の1コーナーで、中上は他車に追突され転倒。即座にマシンを引き起こして復帰したものの、そこで事実上のレースは終了した。17番手からラスト2周で前方の2台を抜き、15位でゴール。1ポイントを獲得した。チームメイトのウィライローは、24番手という厳しい位置からのスタートになったが、粘り強い走りで少しずつ順位を上げて最後は19位で完走を果たした。

 第4戦スペインGPは、アンダルシア地方のヘレスサーキットで4月22日に走行を開始。Moto2クラスのFP1は現地時間午前10時55分にスタートする。



中上貴晶(15th)

「レース序盤から3位集団で争い、ブレーキングのアドバンテージを活かしながら終盤に向けて少しずつ順位を上げていた矢先に、他車に接触されて転倒してしまった。 表彰台を狙える位置だったので本当に残念だ。気持ちを切り替えて次戦からの欧州ラウンドで巻き返したい」


ラタパー・ウィライロー(19th)

「厳しいレースだった。序盤は大丈夫だったが、途中から肩の痛みが強くなり、切り返しやブレーキングが辛くなった。痛みに耐えてなんとか最後まで走りきることができてよかった。次のヘレスでは、もっと上位を目指したい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は良いスタートを切り、今回のレースウィークで行った取り組みの成果を発揮して序盤から順位を上げてゆくことができた。3位集団の頭に出ようとした矢先に他車に接触され、転倒してしまったのが残念だ。ポイント圏外から追い上げて1ポイントを獲得してくれたのは良かったと思う。ラタパーはフリープラクティスで転倒した影響で体調が万全ではなく、ポイント圏外だった。次のヘレスまでには、からだを良くして挑んでほしい」



Podium Slips away from Nakagami Strong 19th For Wilairot


Rd03 Red Bull Grand Prix of The Americas : Sunday, April 10 2016


Weather: DRY
Ambient: 23℃:Track: 28℃


In the middle of breathtaking battle for the third position, unexpected collision with another rider robbed Takaaki Nakagami of podium finish in the Americas GP, while his team mate Ratthapark Wilairot finished the race in nineteenth place despite injured shoulders.


Having had set fastest lap time in the morning Warm UP, Nakagami contested a scorching battle from the beginning of the race. The Japanese rider climbed up his position gradually by taking advantage of his strong braking and flawless riding. On lap16, when the group went into the turn1, Nakagami was hit by another rider, which made him fell on the ground. He rejoined the race immediately and finished the race in fifteenth place.


Meanwhile, Wilairot started the race from twenty-fourth on the grid, and tenaciously improved position lap by lap. He crossed the line in nineteenth.


The fourth round of the calendar, Spanish GP commences on April 22 and the FP1 for Moto2 class is set to start at 1055 local time (GMT +2).



Takaaki Nakagami (15th)

“From the beginning of the race, we battled for the third place and I started to move up my position to prepare for the attack in the final stages. Abruptly I was hit by another rider at turn1 and it was when my race has finished. I could’ve gotten the podium if he hadn’t collided with me. We will get back stronger in the next races.”


Ratthapark Wilairot (19th)

“It was very tough nineteen laps. I felt okay at the beginning, but my shoulder started hurting in halfway through the race. It was difficult to stop the bike and change directions. I tried everything to cope with them and managed to finish the race, which is very important. We will work harder for Jerez.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Nakagami made a good start and kept consistent lap time from the beginning. It is an achievement what we had tried in this weekend. Although he had to restart the race outside of the point scoring position, he managed to get one point, which is positive for the championship. Ratthapark had to struggle because of the injury he had sustained in FP1. Hopefully he will improve his physical condition before Jerez.”