新着情報

Round 04 Spain Qualifying

中上貴晶は4列目12番グリッドから決勝へ
ウィライローは7列目を獲得


Rd04 スペインGP/ヘレスサーキット: 2016年4月23日(土)


コンディション:ドライ
気温: 24℃  路面: 29℃


 土曜午後の予選を終え、 1分42秒906を記録したIDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、ポールポジションから0.498秒の僅差ながら12番手タイムとなり、明日の決勝レースは4列目からスタートする。チームメイト、ラタパー・ウィライローの予選タイムは1分43秒543。7列目21番グリッドを獲得した。


 午前のFP3では、中上は決勝レースに備えて、引き続きセットアップ作業に集中して取り組んだ。このセッションでは新しいアイテムを試した終盤に、1コーナーでフロントからの軽い転倒を喫したものの、昨日のセッションで記録した中上のタイムを破る選手は現れず、総合トップの座を維持。一方、ウィライローは昨日からラップタイムを更新して、中上から0.8秒差につけた。


 午後に行われた45分間の予選で、中上はマシンを転倒前の仕様に戻して走行。明日の決勝レースでトップグループを狙うために、午前のウォームアップ走行で、さらに最終確認を行う。ウィライローは、着実にタイムを短縮しながら上位グリッド獲得を目指していた周回に、2コーナーで軽い転倒を喫したが、アベレージタイムはポイント獲得圏内の安定したペースで走行しており、決勝レースに向けた準備を着実に進めている。


 明日は、現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、26周の決勝レースは午後12時20分にスタートする。



中上貴晶(12th, 1’42.906, +0.498)

「FP3の最後に転倒したために、予選では思ったようなリズムで走ることが難しく、予想外のグリッド位置から決勝を迎えることになってしまった。ラップタイムは安定して高い水準を刻めているので、明日のウォームアップで最終確認を行い、決勝ではスタートを決めて序盤からトップグループを追い上げてしっかりと良い成績を残したい」


ラタパー・ウィライロー(21th, 1’43.543, +1.135)

「良いグリッドを獲得できる自信があっただけに、タイムアップを目指してアタックしていた際に転倒したのは本当に悔しい。内容的にはウィークを通じて確実に前進しており、アベレージも安定している。明日は全力で走ってポイントを獲得したい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、午前の走行で新しいアイテムを試していた際に転倒を喫してしまった。レースシミュレーションでは高水準のタイムを維持できているので、12番グリッドという位置はむしろ刺激材料となり、決勝で追い上げのレースをみせてくれるだろう。ラタパーは、ライディングの改善が進んでいる。実際のグリッド位置以上に、良い内容のセッションだった。明日のレースでは、がんばってポイント圏内を狙ってもらえると期待している」



12th Grid for Nakagami
7th Row Start for Wilairot


Rd04 Gran Premio Red Bull de España : Saturday, April 23 2016


Weather: Dry
Ambient: 24℃:Track: 29℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start from twelfth on the grid for tomorrow’s Spanish GP with setting 1m42s 906, only 0.498s off from pole position. His teammate Ratthapark Wilairot will start from 7th row twenty-first grid. His best lap time in the qualifying was 1m43sec543.


In the morning FP3, Nakagami continued to work with the setup on his bike. Despite his harmless crash at the end of the session at turn1, no one was able to break his benchmark time of 1m42.612 which he had set in yesterday’s FP2. Meanwhile, Wilairot improved his lap time and arrived only 0.8s from his teammate.


In the qualifying, Nakagami and his team decided to go with the configuration that he had a good feeling in previous sessions. Twenty minutes warm-up session in tomorrow morning will be the good opportunity to finalize the small adjustment for fighting within the leading group. Wilairot lost front at turn2 in his flying lap and missed to improve his best time, although, his pace is consistent enough to try top fifteen finish for the race.


The next Moto2 session, the twenty minute warm-up session at 0910 local time tomorrow (GMT +2) before the twenty-six lap Spanish Grand Prix commences at 1220.


Takaaki Nakagami (12th, 1’42.906, +0.498)

“Small crash at the end of FP3 disturbed us from improving my lap time in the qualifying, which resulted me to start from unexpected grid position. Nevertheless, my race pace is very consistent and competitive. We will finalize small adjustments in the warm-up to make a good start and catch up the leading group from the beginning of the race.”

Ratthapark Wilairot (21th, 1’43.543, +1.135)

“I am very disappointed to have crashed in my flying lap because I knew we could’ve done better! Anyway, we kept improving in every way and my pace is very consistent. For tomorrow, I have a confidence to finish within top15.”

Tadayuki Okada - Team Manager

“It’s a pity that Taka did a small crash when he tried new item on his bike. Although it made him to start from forth row, we believe he can catch up top guys because his pace is very consistent. For Ratthapark, he is steadily improving his riding and we have made very productive sessions so far. We expect that he will make a good race to try to finish within top fifteen.”