新着情報

Round 05 France Qualifying

中上貴晶は7番グリッドからフランスGP決勝へ
ウィライローは24番グリッドを獲得


Rd05 フランスGP/ルマンサーキット: 2016年5月07日(土)


コンディション:ドライ
気温: 22℃  路面: 35℃


 フランスGPのMoto2クラス予選は土曜午後に45分間で争われ、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、1分37秒324を記録。ポールポジションから0.477秒の僅差で7番手タイムとし、明日の決勝レースは3列目からのスタートとなった。チームメイトのラタパー・ウィライローは1分38秒748。8列目24番グリッドを獲得した。


 土曜日の天候は昨日同様のドライコンディションで、午前のFP3で中上は決勝レースに備えたセットアップ作業とタイヤの見極めに集中した。一方、ウィライローは完璧ではない体調を抱えながらも、懸命な走り込みに徹してライディングの改善を図った。


 午後に行われた45分間の予選で、フロント周りのセットアップに変更を施した中上は、終盤に渾身のタイムアタックで連続して1分37秒台前半から中盤のタイムを連発。決勝レースに向けて充実した気力を、ラップタイムに結びつけた。ウィライローは、予選半ばと終盤に二度の転倒を喫し、厳しいセッションとなった。


 明日は、現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、26周の決勝レースは午後12時20分にスタートする。



中上貴晶(7th, 1’37.324, +0.477)

「午前のFP3で決勝用タイヤは見極めたが、上位陣のペースには及ばなかったので、メカニックたちと相談してフロント 周りのジオメトリに変更を加えることにした。それがうまく行って、予選では0.4~0.5秒ほどアベレージが良くなり、昨 日の課題だったセクター4も上手く走れるようになった。明日はスタートを決めて序盤周回から上位グループにくらいつき 、最後まで粘りの走りを続けて良い結果を持ち帰りたい」


ラタパー・ウィライロー(24th, 1’38.748, +1.901)

「今日も厳しい一日になってしまった。不甲斐ない結果で、全力で頑張ってくれるチームにも申し訳ないことをした。明 日はリセットして、全力でレースに挑みたい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は予選で7番手タイムだったが、ラップタイムはトップから0.5秒と接近しているので、明日は表彰台獲得を目指し て力強い走りを見せてもらいたい。レースは、序盤からトップグループについていけるかどうかが勝負の分かれ目になる だろう。ラタパーは、体調が芳しくないことも関係していると思うが、集中力が途切れがちなセッションになってしまっ た。明日に向けて、まずは体調の回復を優先し、それから決勝レースのことを考えたい」



7th Grid for Nakagami 8th Row Start for Wilairot


Rd05 Monster Energy Grand Prix de France: Saturday, May 07 2016


Weather: Dry
Ambient: 22℃:Track: 35℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set strong seventh quickest this afternoon at Le Mans Bugatti circuit. Nakagami’s best lap time 1m37s324 was only 0.477 from pole position. His team mate Ratthapark Wilairot will start from eighth row twenty-fourth position on the grid for tomorrow’s twenty-six lap race, with his best lap time of 1m38s748.


As was the case yesterday, weather conditions today were fine and dry, with the peak track temperature of 35℃ recorded during the qualifying. In the morning FP3, Nakagami continued to work on tire evaluation and finding competitive setup for the race. Meanwhile, Wilairot concentrated on his riding and leaned more about the track.


In the qualifying, Nakagami and his team decided to modify the front end setup to make the bike more competitive, which rewarded the Japanese rider to post the 1m37s brackets consecutively. On the other hand, Wilairot had to come through the difficult qualifying with crashing twice during the session.


The next Moto2 session will be the warm-up session at 0910 local time tomorrow (GMT+2) before the French Grand Prix commences at 1220.



Takaaki Nakagami (7th, 1’37.324, +0.477)

“In this morning, we have decided which tire to use for the race. Then after FP3, we changed geometry on front-end to improve our race pace. It worked well and I was able to set 0.4s to 0.5s quicker than in the morning. This modification also gave me a good feeling in sector4, which I had to struggle yesterday. For tomorrow, I will make a good start and follow the leading group till the end to bring home the best result of the season!”


Ratthapark Wilairot (24th, 1’38.748, +1.901)

“It was another difficult day for me. I am sorry for my team who always work hard. I will reset myself tomorrow and make a good race as hard as I can!”


Tadayuki Okada - Team Manager

“In the qualifying, Nakagami’s lap time was only fractions of a second from pole position. I think it was competitive to fight for the podium, although he has to start from seventh position on the grid. The key for the race is If he can follow the leading group from the start. For Ratthapark, he seemed to be difficult to keep concentration probably because of his physical condition. So, the priority for him is getting back to fitness, then we’ll think about the race.”