新着情報

Round 05 France Race

中上は今季ベストリザルトの5位、ウィライローは21位で完走


Rd04 フランスGP/ルマンサーキット: 2016年5月08日(日)


コンディション:ドライ
気温: 21℃  路面: 27℃


 全26周で争われたシーズン第5戦フランスGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は序盤からトップグループを構成し、最終ラップまで息詰まる追い上げを続けて5位でチェッカーフラッグを受けた。チームメイトのラタパー・ウィライローは苦しい体調にも負けず最後まで走りぬき、21位で完走を果たした。


 午前のウォームアップセッションでトップタイムを記録した中上は、その勢いを維持して意気軒昂に午後の決勝レースに臨んだ。目の覚めるようなスタートで1コーナーへ飛び込んでいくと1分37秒台のタイムを連発。今季の課題であった序盤のペースアップと順位キープをしっかりと実行し、高い水準の走りで周回を重ねていった。26周のレースラップを通じて、中上は後続のライダーを一切寄せ付けることなく、終盤周回には直前の選手にコンマ数秒まで肉薄する追い上げも見せた。最後まで高い集中力を保ち続けた中上は、今季ベストリザルトでフランスGPを締めくくった。


 24番グリッドからスタートしたウィライローは、完全ではない体調を抱えながらも最後まで諦めない走りで、周回ごとに着実にポジションアップ。最後は、トップ20にあと一歩と迫る21位で無事完走を果たした。



中上貴晶(5th)

「午前のウォームアップでトップタイムを記録し、自信を持ってレースに臨むことができた。オープニングラップの1コーナーから2コーナーの混乱もうまくクリアしてポジションを上げることができた。毎周全力で走り、最後までベストを尽くして走りきった。次のムジェロでは表彰台を確保できるように、初日からしっかり取り組みたい」


ラタパー・ウィライロー(21st)

「本当に辛い26周のレースだったが、完走するために全力を尽くした。決勝前に鎮痛剤の注射を打って臨んだので、レースは集中力を途切れさせずに走りきることができた。レースウィークを通じて全力で頑張ってくれたチームに、本当に感謝をしている。次のムジェロには万全の体調で臨みたい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、ウィーク中に課題だった旋回性が改善し、今季ベストリザルトの5位で終えることができた。トップグループについて行くにはあともう少しなので、チームとともにさらにポテンシャルをあげてゆきたい。ラタパーのリザルトは、本人が一番悔しがっている。次戦に向けて改善すべきところは、彼自身もよく理解をしてくれたと思う。転倒せずに最後まで走りきったことは、次のレースにきっとつながるはずだ」



Strong 5th for Nakagami, Brave 21st for Wilairot


Rd05 Monster Energy Grand Prix de France : Sunday, May 08 2016


Weather: DRY
Ambient: 21℃:Track: 27℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami finished with solid fifth place in today’s French GP, while his team mate Ratthapark Wilairot completed the race in twenty-first despite his difficult physical condition.


The Japanese rider, who have set fastest lap time in the morning warm up, boosted his confidence and made a fantastic start for the twenty-six lap race. Nakagami demonstrated strong performance with the consistent 1m37 highs and consolidated his position from the beginning till the end of the race. It was the improvement he had learned from the previous races in the season.


In the final stages, Nakagami chased down the rider in front of him within fractions of a second and crossed the line with the best result for this year.


Wilairot started the race from twenty-fourth on the grid and completed demanding twenty-six lap race with his strong determination. The Thai rider improved his position lap by lap and won his injury, only missing one place for top-twenty finish.



Takaaki Nakagami (5th)

“Fastest lap time in the morning warm up gave me confidence for the race and I managed to come through the opening laps to hold my position. In every lap, I gave my everything and did my best to set lap time as consistent as possible. We just need a bit more to get the podium, which is what we have to do for the next weekend.”


Ratthapark Wilairot (21st)

“Honestly speaking, it was very difficult twenty-six laps for me, but I did everything to finish the race. With a help of injection I had before the race, I was able to concentrate on my riding. Like always, I would like to thank my team who always work hard for me, I will be back with 100% for Mugello.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Today, Nakagami improved turning the bike and finished the race with the best result in this year. I got the feeling that now we are very close to the podium, and to make it happen, we need to improve something more with our potential. For Ratthapark, he is disappointed with the result more than anyone in the team. He learned a lot from this difficult weekend and I think this tough experience will make him stronger as a rider and as a man.”