新着情報

Round 06 Italy Free Practice

中上貴晶がイタリアGP初日総合3番手 ウィライローは22番手タイム


Rd06 イタリアGP/ムジェロサーキット: 2016年5月20日(金)


コンディション:ドライ
気温: 20℃  路面: 30℃


 2016年第6戦イタリアGPの舞台はトスカーナ地方のムジェロサーキット。シーズン全18戦のなかでも最も盛り上がる開催地のひとつだ。午前と午後に各45分間のフリープラクティスが行われた金曜日の走行で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は総合3番手。チームメイトのラタパー・ウィライローは22番手タイムで初日のセッションを終えた。


 午前のFP1は、前日の降雨の影響で路面に湿りが残る状態で、中上とウィライローはコンディション改善を待って、しばらくの間走行を見合わせた。15分が経過した頃にコースインし、中上は慎重でありながら精力的なライディングでセッション10番手。一方、前戦で訴えていた親指付け根の痛みが第一中手骨骨折であったと判明したウィライローは、状態は確実に快方へ向かっているものの、不安定なコンディションのFP1は慎重な走行に徹した。


 ドライコンディションになった午後のFP2では、中上は一貫して高水準のタイムで走行。トップと0.065秒という僅差の3番手で一日の走行を締めくくった。ウィライローは、怪我の影響で切り返し区間に若干の厳しさを抱えながらも、着実な走りで前進を続けている。


 明日のFP3は現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタート。午後には、グリッド位置を決定する45分間の予選が行われる。



中上貴晶 (3rd, 1’53.009, +0.065)

「午後の走行では2種類のリアタイヤを試しながら、セットアップを進めていった。明日は、S字区間で切り返した後の挙動などでもう少し改善をしたい部分はあるが、フィーリングとタイムの両面で、自分たちはすでに充分戦える範囲内に来ていると思う。明日の予選ではフロントローを目指したい」


ラタパー・ウィライロー (22nd, 1’54.384, +1.440)

「左手の状態はルマンの時よりも良くなっているが、切り返しでバイクが重く感じる。おそらく、右手に負担がかけてしまっているからだと思う。チームが解決策を検討してくれているので、明日はラップタイムも改善してさらにトップに近づけるだろう」


岡田忠之-チーム監督

「毎戦のレース同様に、中上はタイムとポジションの双方で充実した初日のセッションになった。レース周回を超えたタイヤで良い走りをできているので、明日も引き続きこの調子で頑張ってほしい。ラタパーは、午前の走行では慎重に進めたが、午後は普通に走ることができていた。左手の痛みを軽減できるように、我々に可能なことはすべて試みてあげたいと思う」



Third Fastest for Nakagami on Day1 in Mugello with Wilairot 22nd


Rd06 Gran Premio d'Italia TIM: Friday, May20 2016


Weather: Dry
Ambient: 20℃:Track: 30℃


The sixth round of the 2016 season, the Italian GP got underway today at the picturesque Mugello Circuit, where IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set third fastest, while his team mate Ratthapark Wilairot concluded the opening day with twenty-second position.


Due to the damp track surface at the the beginning of the morning FP1, Nakagami and Wilairot stayed in the pit box to wait and see how the conditions would improve. Around thirty minutes to go, Nakagami went in the track then made bold and careful laps. Whilst Wilairot, who had discomfort on his left finger was diagnosed to be small fracture of the first metacarpal just before this weekend. Although He is steadily recovering from the injury, the Thai rider did careful riding for FP1 not to make unnecessary risk.


In FP2, Nakagami continued his work on evaluating tires and set competitive lap times throughout the session. His lap time was only 0.065s from the top. Wilairot made solid progress on his riding despite some struggle in changing directions to cope with pain.


The next Moto2 session, FreePractice3 is set to start at 1055 local time (GMT +2) tomorrow morning and forty-five minute qualifying to decide the grid position will commence at 1505.



Takaaki Nakagami (3rd, 1’53.009, +0.065)

“In this afternoon, we tried two rear compounds and made a good step forward both in the setting and my feeling. Although we need to improve just a bit more with the second part of the changing direction, we have already arrived in a competitive level. For tomorrow, our target is to get a front row.”


Ratthapark Wilairot (22nd 1’54.384, +1.440)

“Although I feel better with my finger than I had in Le Mans. I feel a little bit heavy on my bike when I try to change direction. I use more with my right hand to avoid using soring left, and probably it is the reason for the problem. My team have good ideas to help me to make it better then we will improve our lap time and come closer to the top.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Like always, Nakagami did a productive first day. He set consistent lap time with used tire, so we hope he can keep this momentum on Saturday and Sunday. For Ratthapark, I think he did well today. We are always ready to help him to ease him pain and have him ride more comfortable on his bike.”