新着情報

Round 06 Italy Qualifying

イタリアGP予選で中上がフロントロー2番グリッドを獲得
ウィライローは23番グリッドから決勝レースへ


Rd06 イタリアGP/ムジェロサーキット: 2016年5月21日(土)


コンディション:ドライ
気温: 26℃  路面: 47℃


 現地時間午3時05分から45分間で争われたイタリアGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、1分52秒012を記録。惜しくもポールポジションを逃したものの、0.047秒の僅差で2番手タイムとし、フロントロー中央から明日の決勝レースを迎える。チームメイトのラタパー・ウィライローは1分53秒318を記録。8列目23番グリッドから日曜のレースに臨む。


 午前のFP3では、中上は決勝レースに備えたセットアップにさらに磨きをかけ、ユーズドタイヤを使用したレース周回のシミュレーションにも引き続き取り組んだ。一方、ウィライローは昨日の課題だった切り返し区間の軽快さを狙う取り組みを続け、前日のラップタイムを着実に更新した。


 午後に行われた45分間の予選で、中上は一貫して高水準のラップタイムを刻み、1分52秒台前半のタイムを連発した。決勝レースに向けて上々の仕上がりで、優勝争いの自信を深めて一日を締めくくった。ウィライローは、予選序盤に他選手から接触されて3コーナーで転倒を喫したが、チームの手際良いマシン修復で再び走行を開始した。


 明日は、現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、21周の決勝レースは午後12時20分にスタートする。



中上貴晶(2nd, 1’52.012, +0.047)

「100分の4秒差でポールポジションを逃したが、今回のレースウィークは一貫して高い水準で走れているのでフロントローを獲得できてよかった。ここまで順調に積み上げてきた走りを明日の結果につなげなければならないし、それをできる自信もある。アベレージタイムも安定しているので、明日は最後までしっかりと走りきって最低でも表彰台で終えたい」


ラタパー・ウィライロー(23rd, 1’53.318, +1.353)

「予選に向けて手の状態もどんどん良くなり、バイクも乗りやすくなってきていただけに、接触されて転倒してしまったのは本当に残念だ。明日は前方集団についていくためにスタートを決め、ポイント獲得圏内を目指して全力で走るつもりだ」


岡田忠之-チーム監督

「今日のコースコンディションは気温とともに路面温度が上がり、タイヤに厳しいセッションとなった。中上は今年初めてのフロントローを取れて良かった。あとは明日、しっかりと結果を残してほしい。ラタパーは予選序盤に後方から他選手に接触され、転倒してしまったのが残念だが、自己ベストタイムを更新している。明日のレースも、可能な限り前を目指してがんばってほしい」



Front Row Start for Nakagami
Wilairot to Start from 8th Row


Rd06 Gran Premio d'Italia TIM: Saturday, May 21 2016


Weather: Dry
Ambient: 26℃:Track: 47℃


Having finished forty-five minutes qualifying session, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set impressive 1m52s012 and just missed 0.047s for pole position. He starts Sunday’s race from second position on the grid. His team mate Ratthapark Wilairot will start from eighth row twenty-third position on the grid for tomorrow’s twenty-one lap race, with his best lap time of 1m53s318.


In the morning FP3, Nakagami concentrated on his work of fine-tuning the setup on his bike and doing race simulation with used tires. Meanwhile, Wilairot worked hard with his team and successfully found a good solution to improve the agility in changing direction which he had to struggle yesterday.


In the qualifying, Nakagami posted competitive lap time of 1m52 lows under the hot temperatures, which boosted his confidence for the race. Unfortunately, Wilairot was hit by other rider at the beginning of the session at turn3. With the skilled work of the team, Wilairot had his bike repaired and went back on the track soon after that.


The next Moto2 session will be the warm-up at 0910 local time tomorrow (GMT+2) before the .twenty-one lap Italian Grand Prix is set to start at 1220.



Takaaki Nakagami (2nd, 1’52.012, +0.047)

“It was just 0.04s to the pole position! Anyway, my lap time is very consistent and starting from front row is very good. I am confident to translate our competitiveness into the race result. It is what we have to do tomorrow. Our target is finishing the race on the podium.”


Ratthapark Wilairot (23rd, 1’53.318, +1.353)

“I have to stop these bad luck! It’s a pity because in the qualifying I had a good feeling with my bike. I felt OK with my hand and now I can move better on the bike. For tomorrow, I have to make a good start to stay in a group. I will do my best to get championship points.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“It was difficult qualifying especially for tires because both ground and air temperatures rose up in the afternoon. Given that conditions, I am happy for Nakagami to secure the front row for the first time in this season. For Ratthapark, It’s a pity he had to crash to have been hit by other rider. It was the next lap he improved his lap time. We believe our riders will make good race tomorrow.”