新着情報

Round 06 Italy Race

困難な展開の決勝で中上は9位
ウィライローは22位で完走


Rd06 イタリアGP/ムジェロサーキット: 2016年5月22日(日)


コンディション:ドライ
気温: 26℃  路面: 46℃


 第6戦イタリアGPの決勝レースは、安全上の理由からレースが中断した後に10周で再開される難しい展開になった。IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は9位でフィニッシュ。チームメイトのラタパー・ウィライローは22位で完走を果たした。


 21周が予定されていたレースは、4周目に転倒したライダーの影響でエアフェンスを修復することになり、進行が中断。再開後はレギュレーションの定める簡略進行が適用されたが、サイティングラップのピットアウト時間制限に遅れたとの事由で、IDEMITSU Honda Team Asiaの両選手はグリッド後方からのスタートを迫られる結果になった。


 10周に短縮されたレースで、中上は最後尾スタートにも関わらず果敢なオーバーテイクを続け、最後はシングルポジションの9位でフィニッシュ。ウィライローも困難な状況下で集中力を保ち続け、22位で無事完走を果たした。



中上貴晶(9th)

「レース再開後の錯綜した状況の中で最後尾を言い渡され、厳しい戦いになったが、それ以上失うものはないのでアグレッシブにひたすら前を目指して全力で走り続けた。二十数人をごぼう抜きして9位でゴールしたが、今はうれしさよりもむしろ混乱した気分だ。リザルトは残念だが、ウィークを通じて高い水準の走りをできたことは、次につながるポジティブな材料だと思う」


ラタパー・ウィライロー(22nd)

「中断後の進行がよく把握できない状態で後方スタートと言われて、再開後のレースに臨んだが、集中力の維持に苦労しながらも、なんとかがんばって最後まで走りきることができた。今日は本当に残念な一日になってしまった」


岡田忠之-チーム監督

「両選手とも決勝に向けて良い状態に仕上がっていたので、このような展開になってしまったのは残念だ。そんななかでもふたりともよくがんばってくれて、中上は最後尾から追い上げてシングルポジションでゴールしてくれた。ラタパーも、集中力を維持しながら安定した周回を続けてくれた。彼らの健闘に報いられるように、我々も努力を続けていきたい」



Confusing Race Vanishes the Result
From IDEMITSU Honda Team Asia


Rd06 Gran Premio d'Italia TIM: Sunday, May 22 2016


Weather: DRY
Ambient: 26℃:Track: 46℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami finished the Italian GP in ninth place, while his team mate Ratthapark Wilairot completed the race in twenty-second place for shortened ten lap race.


The race for the intermediate class which was planned twenty-one lap originally, was run over ten laps after the red flag to repair the damaged airfence for the sake of safety. Quick restart procedure was applied for resume, however, Nakagami and Wilairot were imposed to place at the back of the grid due to missing the sighting lap window.


After the restart, Nakagami overtook many riders from thirtieth grid and finished the race in ninth place. Wilairot overcame the tough situation and crossed the line in twenty-second place.



Takaaki Nakagami (9th)

“After such a perplexing situation, it was very difficult to keep concentrated myself. So I decided to ride as hard as I can because there’s nothing to lose. I overtook more than twenty riders and finished ninth, but to be honest, I just feel confusing now. It was not what we have expected, but we want to take it positive because we were very competitive all this weekend just before the red flag was shown.”


Ratthapark Wilairot (22nd)

“I didn't know what was going on in the pitlane, and I had to start the ten lap’s race from the back of the grid. It made me difficult to concentrate but I tried to manage myself to finish the race. I am very disappointed but the positive thing is we finished the race, anyway.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“It was not our day and I feel sorry for our riders because they made good preparation for the race. In spite of this difficulty, Nakagami did his best to recover his position from the bottom of the grid to ninth place. Ratthapark kept consistent lap with good concentration. We will try harder to bring us the results that we should have.”