新着情報

Round 07 Catalunya Race

中上貴晶、亡きライバルに3位表彰台を捧げる


Rd07 カタルーニャGP/カタルーニャサーキット: 2016年6月05日(日)


コンディション:ドライ
気温: 25℃  路面: 42℃


 第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が3位フィニッシュ。金曜のフリープラクティス中に不幸な事故で命を落とした、ライバルで友人のルイス・サロム選手に捧げる表彰台を獲得した。


 午前のウォームアップでトップタイムを記録した中上は、決勝レースでも終始力強い走りを披露。序盤からハイレベルのラップタイムで上位グループを走行し、前を走る選手を追い上げながらオーバーテイクを続けた。レースも終盤に差しかかる17周目には、3番手に浮上。その後は後続を引き離して、昨年第13戦サンマリノGP以来の表彰台獲得となった。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、12周目に転倒。マシンを引き起こしてコースに復帰したが、完走は難しく、ピットボックスに戻って残念ながらリタイアとなった。



中上貴晶(3rd)

「決勝レースでは温度条件が上がって、23周を通して良いリズムで走り続けるのに苦労したが、自分の前にいる選手たちをオーバーテイクしようと思ってがんばった。序盤はロウズ選手やシャーリン選手、終盤にはルティ選手とクリーンで気持ちの良いバトルをできた。今回の表彰台は、スペイン選手件時代から一緒に走ってきたサロム選手と彼の家族に捧げたい。彼がもういないなんて、信じられない。次のアッセンでは、ランキングで上位にいる選手を追いかけて、さらにがんばりたい」


ラタパー・ウィライロー(DNF)

「チームが良いバイクに仕上げてくれたが、体調がまだ完璧ではないために厳しいレースになってしまった。監督の指導のおかげでバイクに対する理解が進んでいるので、次のレースでは好結果を目指してがんばりたい。今回のレースを終えてタイに帰国したら医師にかかる予定なので、アッセンは良い走りをできると思う」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、ようやく本来の力を発揮して表彰台を獲得してくれた。さらに前を目指して優勝するために、我々がもっと努力をしてバイクの改良を進めてゆきたい。ラタパーは、最後は転倒してしまったが、決勝レースで少しずつラップタイムを上げ、多くのことを学んでくれたと思う。さらに集中力を研ぎ澄ませて、次のレースに備えてほしい」



Nakagami Dedicates Podium to Luis Salom


Rd07 Gran Premi Monster Energy de Catalunya : Sunday, June 05 2016


Weather: DRY
Ambient: 25℃:Track: 42℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami finished the Catalunya GP in third place. He dedicated the podium to his good friend and strong rival Luis Salom, who had succumbed to injuries following an unfortunate incident in second free practice on Friday.


Having set fastest lap time in the morning warm-up session, as is always the case with him, the Japanese rider maintained strong rhythm all through the race. Lap by lap, Nakagami overtook riders in front of him and arrived third position on lap seventeen. After that, he pulled away the riders behind him and crossed the line in the podium place for the first time since San Marino GP in last September.


Unfortunately, his team mate Ratthapark Wilairot fell down on lap twelve. He rejoined the race and tried to kept on riding, however, the Thai rider had to retire due to the damage on his bike.


Takaaki Nakagami (3rd)

“It was difficult to keep consistency because the track conditions became very hot in the afternoon. I tried maximum to overtake riders in front of me and enjoyed the battle with Lowes, Syarin and Luthi. I would like to dedicate this podium to Luis Salom and his family. We had raced together since Spanish championship days and I still cannot believe he’s gone. I will make a good race again in Assen and try to recover championship points as many as possible.”


Ratthapark Wilairot (DNF)

“I am very sorry to my team because they did fantastic job to give me a good bike. I am not 100% yet with my physical conditions, which made the race more complicated. In this weekend, Tady-san taught me a lot on riding and now I am improving step by step. I will consult my doctor when I go back to Thailand. I hope I will be better in Assen.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Well done for Taka. He deserves the podium today, because we all know it is where he finish the race. We have to improve more on our bike, because he is the rider to finish in higher place on the podium. For Ratthapark, even though he had to crash in the middle of the race, he learned a tot of things in this weekend. I believe he can make it happen in Assen.”