新着情報

Round 08 Assen Race

中上貴晶、〈ロードレースの大聖堂〉で優勝を飾る


Rd08 オランダGP/TTサーキット・アッセン: 2016年6月26日(日)


コンディション:ドライ
気温: 20℃  路面: 23℃


 第8戦オランダGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が優勝。グランプリ初勝利を、伝統ある〈ロードレースの大聖堂〉で達成した。


 午前のウォームアップで中上は4戦連続のトップタイムを記録し、決勝に向けて死角のない万全の準備を整えた。午後12時20分にスタートしたレースは、オープニングラップからトップグループを構成。落ち着いた走りで前の選手を確実に処理していった。10周目にトップに立つと、1分38秒0を連発して後続を引き離し、3秒のギャップを開いた。以後は完璧にレースをコントロールして独走状態を維持していたところに雨が降り始め、やがて雨脚が強くなったために22周目に赤旗が提示された。本来の周回数まであと2周を残す状態だったが、21周終了段階の順位でレースが成立した。


 今回の優勝で25ポイントを加算した中上は、総獲得点数を78ポイントとしてランキング5位に浮上した。



 

中上貴晶(winner)


「ここまで長い間、日本のファンの方々には優勝をお待たせしてしまったが、ようやく表彰台の頂点に立つことができた。今日は序盤から落ち着いて楽しく走ることができ、レースペースでも自分たちが有利なことはわかっていたので、トップに立ってからも思いどおりに後続との差をコントロールできた。チェッカーフラッグを見ることができなかったのは唯一の心残りだが、雨の強さを考えれば中断は好判断だったと思う。苦しい時期も自分を支えてくれたチームと家族、スポンサーの方々には本当に感謝をしている」


岡田忠之-チーム監督

「今日の決勝レースでは、前半に落ち着いた走りで集団を処理し、トップに立ってからは最速タイムを連発しながら後続に3秒の差を築けたことが勝利につながった。レース後半は我々にアドバンテージがあることはわかっていたし、中上自身、差を築いた後も安定感のある走りでしっかりとレースをコントロールしてくれていた。結果的に2周を残して赤旗が提示されたが、最後まで走りきっていたとしても我々が勝てていたことは間違いないだろう。チームの全スタッフとスポンサーの皆様に、心からの御礼を申し上げるとともに、今後もさらなる好結果を目指して、いっそうの努力を、チームと選手が一丸となって続けてゆきたい」



Fantastic Victory for Nakagami at ‘Cathedral of Speed’


Rd08 Motul TT Assen : Sunday, June 26 2016


Weather: DRY
Ambient: 20℃:Track: 23℃



IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami made fantastic maiden victory today at historic Dutch TT race a.k.a. ‘Cathedral of Speed’.


 In warm up session, the Japanese rider set the fourth consecutive fastest time on Sunday mornings since Le Mans, which gave him the extra confidence for twenty-four lap race in the afternoon. Despite the looming threat of rain, the race has started with dry conditions at 1220 and Nakagami did the rest.


After making a good start in the leading group, Nakagami overtook riders one by one and snatched the lead on lap10. Then he created comfortable gap with setting four consecutive 1m58s0. When he was managing this gap, rain started to fall, which made the race red-flagged on the penultimate lap. Race was classified after lap21 and by adding twenty-five points, Nakagami is now fifth in the championship standings of seventy-five points overall.



Takaaki Nakagami (winner)


“I am sorry especially for Japanese fans to have kept them waiting the victory such a long time! Now, I climbed on the center of the podium today for the first time in my Grand Prix career. We have a good advantage with race pace, and I enjoyed the whole race today with managing the gap. The only thing I missed today was seeing the checkered flag on the finish line, however, considering the torrential rain at that time, I think red flag was the right decision. I would like to thank to my team, my family and all the sponsors who always support me.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Taka did a perfect race today. At the beginning he overtook riders with great composure and created the gap over three seconds with setting fastest lap times consecutively, which was the decisive factor in today’s race. Knowing that we were most consistent for the final part of the race, Taka managed the race as he was supposed to do. Even if the red flag hadn’t been shown, I believe we would’ve won the race, in any case. Last but not least, I would like to thank to all our team staff and sponsors who always believe and support us.”