新着情報

Round 09 Germany Free Practice

中上貴晶がドイツGP初日総合トップタイム
ウィライローは22番手


Rd09 ドイツGP/ザクセンリンクサーキット: 2016年7月15日(金)


コンディション:ドライ
気温: 16℃  路面: 20℃


 2016年シーズンの折り返し地点となる第9戦ドイツGPが、ザクセンリンクサーキットで始まった。午前と午後に各45分間のフリープラクティスが行われた金曜日の走行で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶はFP1、FP2ともにトップタイムで終え、初日総合首位につけている。


 前戦で優勝を飾った記憶も新しい中上は、今大会もFP1から勢いの良いライディングを披露した。セッション序盤は粒の細かい雨のためにピットで様子を見たものの、ドライコンディションの走行が可能となった後半にコースインすると一気に好タイムを連発し、トップタイムを記録した。


 午後のFP2も午前と似たコンディションになり、セッション後半に走行を開始した中上は一貫して高い水準のタイムで走行を続けた。最後は1分25秒244のトップタイムで締めくくり、明日の予選に向けて確実な手応えを掴んだ。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは初日22番手。6月上旬に実施した左手の手術は、一ヶ月を経て順調な回復を見せており、初日の今日は久しぶりのサーキット走行で、復調具合とフィーリングを確認するセッションになった。午後はセッション終了寸前に11コーナーでハイサイド転倒を喫したものの、幸いに左手小指の擦過傷で済み、大事には至っていない。


 明日のFP3は現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタート。午後3時05分から、決勝のグリッド位置を決定する45分間の予選が行われる。



中上貴晶 (1st, 1’25.244,)

「このサーキットは右コーナーが非常に少なく、転倒は絶対に避けたかったので、周回ごとに少しずつタイムを上げていくように心がけた。最終的にFP1、FP2ともトップタイムで終えることができたが、限界まで攻めていないので、ポテンシャルにはまだかなりの余裕があると思う。明日もこの調子を維持して、予選ではポールポジションを狙いたい」


ラタパー・ウィライロー (22nd, 1’26.801, +1.557)

「約一ヶ月、バイクに乗ることができなかったので、今日は体を慣らすことに集中した。難しいコンディションでの走行になり、集中力を切らせたつもりはなかったが、最後に11コーナーでハイサイドの転倒をしてしまった。バイクはよく走ってくれているので、明日はもっとタイムを詰めて行きたい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は前戦で優勝した勢いを維持し、8耐のテスト走行にも参加して、モチベーションもスキルも、良い方向に向かっていると思う。明日も引き続きがんばってほしい。ラタパーは、今回が怪我からの復帰戦になるが、明日も集中力を維持して高いアベレージ走れるように取り組みを続けてほしい」



Nakagami Dominates Day1 in Sachsenring
with 22nd for Wilairot


Rd09 GoPro Motorrad Grand Prix Deutschland: Friday, July 15 2016


Weather: Dry
Ambient: 16℃:Track: 20℃


The halfway point of the 2016 championship, the German GP has kicked off today with IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami topped in both free practice sessions with setting his best time 1m25s244. While his team mate, Ratthapark Wilairot posted twenty-second fastest of 1m26s801.


Fresh from the maiden victory of the Dutch TT in three weeks ago, the Japanese rider kept his momentum and set competitive lap time all through the day. Although the first half of morning FP1 was ruined with the light shower, on 20 minutes to go when the track condition is confirmed to keep dry, riders went on the track and Nakagami was the one who set the fastest.


Conditions for FP2 was quite similar to FP1 and Nakagami dominated again in this session with setting the benchmark time of the day.


On the other side of the pitbox, Wilairot also had good sessions for the first day of the weekend. The Thai rider, who underwent surgery on his left hand in June got back in action and made decent sessions. On two minutes to go in FP2, Wilairot had high-sided crash at turn11. Fortunately, he did not suffer from any serious injury but abrasion on his right pinky.


Better conditions is forecasted for next Moto2 session, FP3 is set to start at 1055 local time (GMT +2) tomorrow, then grid positions for the race will be decided in the forty-five minutes qualifying in the afternoon.



Takaaki Nakagami (1st, 1’25.244)

“With the characteristics of fewer right corners, I rode very carefully not to make any mistakes and tried to improve my lap time deliberately. Even though I set fastest both in FP1 and FP2, I didn’t push hard today so we can improve more tomorrow. We will keep this momentum to grab pole position!”


Ratthapark Wilairot (22nd, 1’26.801, +1.557)

“I didn't ride almost one month, so today I tried to adapt myself today. It was difficult conditions and I kept myself concentrated, however, I got high-sided at turn11. Fortunately there is no fracture and bike is working well, so we will improve our lap time tomorrow.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“With keeping the momentum from DatchTT’s victory and getting the experience of Suzuka 8hours tests, Taka found good directions both in his motivation and riding skills. And for Ratthapark, I am happy for him to getting back in action again. He will keep on concentrating to make good sessions for tomorrow.”