新着情報

Round 09 Germany Race

中上貴晶、サバイバルレースのドイツGPでポイントを獲得


Rd09 ドイツGP/ザクセンリンクサーキット: 2016年7月17日(日)


コンディション:ウェット
気温: 18℃  路面: 19℃


 第9戦ドイツGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は11位でゴール。27台中12台がリタイアする苛酷な雨のレースを生き残り、貴重な5ポイントを獲得した。


 ポールポジションスタートの中上は、オープニングラップからトップに立ち、レースをリードしたが、7周目にフロントを切れ込ませて転倒。レースに復帰したときの順位は22番手だった。だが、そこから追い上げを開始した中上は、前をゆく選手たちとの差を着実に詰めながら順位を回復してゆき、最後は11位でゴール。貴重な5ポイントを獲得した。


チームメイトのラタパー・ウィライローは、ジャンプスタートでライドスルーペナルティを通告されたものの、コース復帰後も順位を上げるために健闘。しかし、9周目に転倒を喫してしまい、残念ながらリタイアとなった。


中上貴晶(11th)


「今回はポールポジションだったので、連勝のチャンスが高く、なんとしても勝ちたいという気持ちが強かった。その気持ちが先走ってしまった要素もあるのかもしれないが、ミスというよりは運悪く足もとをすくわれた格好の転倒になってしまった。それでも最後まで諦めずに走りきり、なんとか5ポイントを獲得できた。チームの努力に報いるためにも25ポイントをプレゼントしたかったので、それを達成できなかったことが申し訳ない。今回の結果を反省し、サマーブレーク後はさらに強くなって後半戦を戦いたい」


ラタパー・ウィライロー (DNF)


「今日のレース結果には言葉がない。フィーリングを取り戻すために頑張ろうと思ったが、難しいコンディションのレースだった。スタートは自分の過失で、チームに申し訳ないことをしてしまった。月末には鈴鹿8耐に参戦するので、楽しみながら全力で走り、後半戦のオーストリアには強い気持ちと前向きな姿勢で臨みたい」


岡田忠之-チーム監督


「今回のレースでは、中上を含む多くの選手がコンディションに足もとをすくわれていきなり転倒をする場面が多かった。その悪状況のなかでも、レースに復帰して5ポイントを獲得する頑張りをみせてくれたのはよかったと思う。ラタパーは、ライドスルーペナルティを消化したあとに転倒してしまったのが残念だ。シーズン後半戦も高い緊張感とモチベーションを維持し、引き続き頑張ってほしい」



Rain Washes the Race Away
From IDEMITSU Honda Team Asia


Rd09 GoPro Motorrad Grand Prix Deutschland : Sunday, July 17 2016


Weather: Wet
Ambient: 18℃:Track: 19℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami survived the difficult wet race in Sachsenring Circuit and finished eleventh place which rewarded him precious five championship points. Of all 27 riders in intermediate category, only 15 of them crossed the finish line including the Japanese rider.


After starting from pole position, Nakagami was leading the race in opening laps. On lap7, he lost front and fell down without any warnings from the bike. He restarted the race in twenty-second position and regained the pace for the rest of the laps, and had checkered flag for eleventh place.


His team mate Ratthapark Wilairot, who started the race from twenty-fifth on the grid was imposed ride through penalty for jump start. After the penalty, The Thai rider tried hard to recover positions, however, he fell down on lap9 and had to withdraw the race there.


Takaaki Nakagami (11th)


“Today I was desperate to win the race because I started from pole position. You will say I was too haste, and I might have been, but I lost front abruptly. I didn’t want to give up the race and I was able to salvage five points. I am sorry for my team because I would’ve like to give them twenty-five points, not five. Anyway we will be back stronger after summer break.”


Ratthapark Wilairot (DNF)


“I don't know what to say for today’s race… It was very difficult condition and I tried to get back the feeling, but the start was my mistake, so I am sorry for my team. I will take part in Suzuka 8hours race in two weeks time. I want to enjoy the race and hope to go back to Austria with full motivation and positive mood.”

Tadayuki Okada - Team Manager

“Today, many riders had to crash because of this difficult conditions and Taka was not the exception. Nevertheless, I am happy about Taka because he showed strong determination and got five points in this harsh conditions. For Ratthapark, it’s a shame he had to crash after ride-through penalty. I believe he will keep high motivation and strong resolution in the second part of the season.”