新着情報

Round 10 Austria Free Practice

中上貴晶がオーストリアGP初日総合9番手タイム
ウィライローは26番手


Rd10 オーストリアGP/レッドブルリンクサーキット: 2016年8月12日(金)


コンディション:ドライ
気温: 15℃  路面: 18℃


 2016年シーズン後半戦は、第10戦オーストリアGPからスタートする。レッドブルリンクサーキットで午前と午後各45分間のフリープラクティスが行われた金曜日の走行では、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が初日の総合9位につけた。チームメイトのラタパー・ウィライローは総合26番手タイムだった。


 オーストリアGPは1997年以来19年ぶりの開催で、IDEMITSU Honda Team Asiaの両選手にとっては、今日のFP1がRedBullリンクの初走行になった。午前のFP1は、両選手とも起伏に富む全長4.318kmのコースの習熟に費やし、中上は15番手、ウィライローは28番手とした。


 コースへの素早い順応を見せた中上は、午後のFP2ではトップタイムとの差を0.5秒に詰め、1分30秒209で締めくくった。2週間前の鈴鹿8耐でも活躍したウィライローのベストタイムは1分31秒278だった。


 明日のFP3は現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタート。午後3時05分から、決勝のグリッド位置を決定する45分間の予選が行われる。


中上貴晶 (9th, 1’30.209, +0.514)


「FP1で1秒以上だったトップとの差をFP2では0.5秒まで詰めたので、初日の走行としては前進できたと思う。明日はバイクのバランスをもう少し改善し、攻められるフィーリングにしたい。ここは初めて走るコースなので、予選は出来るだけ前を狙うけれども、あまりグリッドポジションにはこだわりすぎず、あくまで決勝の強さとペースに照準を合わせて明日も取り組みたい 」


ラタパー・ウィライロー (26th, 1’31.278, +1.583)


「午前から午後にかけて、セットアップとライディングポジションを見直してフロントに荷重できるようなり、ブレーキングから進入がだいぶ良くなってきた。もちろん、改善の余地はまだあるが、バイクが乗りやすくなれば、タイムも自然についてくると思う」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、このサーキットの走行経験のなさがタイムギャップに表れていたが、そのわりには今日は良い走りをしてくれたと思う。明日はもっとコースに慣れて、さらに上位を狙えるだろう。ラタパーは、課題だったブレーキングが改善し、今まで以上に深く突っ込めるようになってきた。明日は、中上と同様のギアレシオを試し、さらに大きな伸びしろを期待したい」



Ninth Fastest for Nakagami on Day1 at Red Bull Ring
with Twenty-sixth for Wilairot


Rd10 NeroGiardini Motorrad Grand Prix Von Österreich : Friday, August 12 2016


Weather: Dry
Ambient: 15℃:Track: 18℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami kicked off the second part of 2016 season in positive mood with setting 1m30s209 at Red Bull Ring circuit today. His team mate Ratthapark Wilairot clocked 1m31s278 for the first day of this weekend.


In the morning FP1 session, both Asian riders took their first step of the venue that hosts the Grand Prix for the for first time in these nineteen years. Nakagami learned the characteristics of this undulating 4.318km track and clocked fifteenth fastest in this session. In the afternoon’s FP2, he shaved the time gap from the fastest rider to 0.5 seconds.


On the other side of the pitbox, Wilairot made a good step forward for the first day of the weekend. The Thai rider, who had ridden Suzuka 8hours race just two week ago, utilized that experience to his regular intermediate category and improved the performance.


Next Moto2 session, FP3 is set to start at 1055 local time (GMT +2) tomorrow, then grid positions for the race will be decided in forty-five minutes qualifying in the afternoon.


Takaaki Nakagami (9th, 1’30.209, +0.514)


“In morning FP1, our gap from the leader was more than 1 second and we were able to trim to 0.5 second in the afternoon, which is positive, especially considering the fact that I rode here for the first time. For tomorrow, we will try to improve the balance of the bike in order to push harder. I don’t want to stick with the front row because our target is to find a strong pace for the race.”


Ratthapark Wilairot (26th, 1’31.278, +1.583)


“In the afternoon, we tried different setup from morning and we also changed different riding position to load the weight more on the front, which game me good confidence in braking and entry to the corner. But for sure, we still have many more room to improve. For tomorrow, when we get more confidence on our bike, lap time will follow. ”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Despite Nakagami did not have the experience on this track and it made him struggle in FP1, he has shown superb adaptability in the afternoon. For tomorrow, he will improve more. Ratthapark also improved his riding and now he can brake later. We will try for him the same gear-ratio with Taka, which will improve more both on his lap time and confidence ”