新着情報

Round 10 Austria Qualifying

オーストリアGP予選で中上が8番グリッドを獲得
ウィライローは7列目から決勝に臨む


Rd10 オーストリアGP/レッドブルリンクサーキット: 2016年8月13日(土)

コンディション:ドライ
気温: 24℃  路面: 39℃


 現地時間午3時05分から45分間で争われた第10戦オーストリアGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は、1分29秒728を記録。8番グリッドから明日の決勝レースを迎える。


 午前のFP3で、中上はチームと共に最適なマシンの方向性を探る作業に取り組み、ストップアンドゴータイプの前半区間と、流れるようにコーナーをつないでゆく後半区間のコース特性に相応しいセットアップを煮詰めていった。午後に行われた45分間の予選では、終盤にタイムアタックを実施。トップタイムと0.4秒差のセッション8番手タイムを記録した。


 チームメイトのラタパー・ウィライローも、昨日から確実に前進を見せた。ギアレシオを昨日よりもロング傾向にしたことで、エンジン性能を活かしたライディングを実現。午前と午後の計90分間のセッションを終えて、昨日からラップタイムを改善する1分30秒438を記録した。決勝レースは、7列目21番グリッドからスタートする。


 明日の日曜は現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、25周の決勝レースは午後12時20分にスタートする。


中上貴晶 (8th, 1’29.728, +0.473)


「最後のタイムアタックでは最終セクションで少しミスをして大幅なラップタイム更新をできなかったのは残念だが、それでもトップとの差を0.5秒以内に詰めることができた。決勝レースに向けて、あともう少しフロントのスタビリティを改善したい。明日は混戦になると思うので、冷静にレースを組み立て、最後にきっちりと前でゴールできるような戦略で戦いたい」


ラタパー・ウィライロー (21st, 1’30.438, +1.183)


「チームが頑張ってくれたおかげでバイクに安心感が出て、ブレーキングがとても良くなった。タディさんの的確なアドバイスもとても効果的だった。明日は、まず完走することを第一目標にしたい。スタートをうまく決めれば、ペースは安定しているのでポイント圏内も狙えると思う」


岡田忠之-チーム監督

「中上はとてもがんばって走ってくれている。彼がもう少しラクをできるセットアップを明日朝のウォームアップで見いだせれば、勝機も見えてくるだろう。ラタパーは、ギアレシオやエンジンブレーキを工夫したことで、バイクの安心感が大きくなったようだ。決勝レースでは、ライディングをさらに磨きながらチェッカーフラッグを目指してほしい」


8th Grid for Nakagami in Red Bull Ring
7th Row for Wilairot


Rd10 NeroGiardini Motorrad Grand Prix Von Österreich : Saturday, August 13 2016


Weather: Dry
Ambient: 24℃:Track: 39℃


After forty-five minutes’ qualifying session, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set eighth quickest lap time of 1m29s728, which gave him eighth position on the grid for tomorrow’s Austrian Grand Prix.


In FP3, Nakagami and his team continued to find the best setup for this track with typical stop & go first half sectors and more fluent latter sectors. In the qualifying, the Japanese rider improved his best lap time at the very final moments, which was the eighth fastest and only 0.4s off the pole position.


His team mate Ratthapark Wilairot also made solid progress from yesterday. He tried longer gear-ratio on his bike, which enabled him to make good use of engine potential. The Thai rider also improved his riding and posted 1m30s438 for his best lap in the qualifying. He will start tomorrow’s race from twenty-first position on the grid.


The next Moto2 session will be warm-up at 0910 local time (GMT +2). The twenty-five lap Austrian Grand Prix will get underway at 1220 local time.


Takaaki Nakagami (8th, 1’29.728, +0.473)


“Although I made a small mistake when I was doing my fast lap and I could not improve as I would’ve liked, being within 0.5s from pole position is positive. For tomorrow, I need a bit more front stability to make a good race. Anyway, it will be very close battle so I will try to keep calm myself till the end to finish the race in front.”


Ratthapark Wilairot (21st, 1’30.438, +1.183)


“First of all, I would like to thank to my team for their hard work. Now I am confident with my bike, especially in braking zone. Also, many thanks to Tady-san for his practical advice to improve my riding. My priority for tomorrow is finishing the race, and if I start well, I will be able to stay in a group and collect championship points because my race pace is consistent.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Nakagami did very good job. In order to help his effort, we will have to find something more on setting-wise. When we find it tomorrow’s warm-up, we will be able to fight for the victory. For Ratthapark, now he is more confident with his bike by refining gear-ratio and engine brake. In twenty-five lap race, he will learn something more on riding skills.”