新着情報

Round 11 Czech Race

中上貴晶、11周目に接触されて転倒リタイア
ウィライローは25位でゴール


Rd11 チェコGP/ブルノサーキット: 2016年8月21日(日)


コンディション:ウェット
気温: 16℃  路面: 17℃


 第11戦チェコGPの決勝日は、前日までの好天から一転し、雨の一日になった。午後12時20分にスタートした全20周の決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶はトップテン圏内を走行中の11周目、7コーナーで後方から強引にイン側へ入ってきたマシンに当てられて転倒。ライダーに怪我はなかったものの、残念ながらそこでリタイアとなった。中上に追突してきた選手は、その後、レースディレクションによってライドスルーペナルティを科された。


  チームメイトのラタパー・ウィライローは、トップ20圏内を走行中に5コーナーでオーバーランし、グラベルで転倒。マシンを引き起こしてレースへ復帰し、最後まで完走して25位のチェッカーフラッグを受けた。


中上貴晶(DNF)


「レース序盤はトップ集団の見える位置で走行していたが、表彰台は厳しそうな状況だったので、無理をせずに頭を切り換えてポイント獲得を目指して走っていた。その矢先に、後方から無理やり入ってきた選手に接触され、転倒してしまった。フラストレーションの溜まる結果だし、ノーポイントでランキングも7位まで落ちてしまったので、その意味でもダメージは非常に大きい。次のシルバーストーンは相性の良いコースなので、自分たちの持ち味を活かして初日からしっかりセットアップを積み上げ、良い戦いをしたい」


ラタパー・ウィライロー (25th)


「コンディションの難しいレースだった。序盤は落ち着いて走行するようにし、残り5~6周になった頃に5コーナー進入でハイサイド気味になり、バイクを停めることができずオーバーランして転倒してしまった。その後、マシンを引き起こして完走するために最後までがんばった。トップ20圏内で走行中だったので、転倒してしまったのが本当に残念だ。シーズンの残り7戦で少しでもよいリザルトを獲得できるよう、これからも前向きな姿勢でがんばりたい」


岡田忠之-チーム監督

「転倒するまでの中上は、トップテンを争う状態だった。週末を通して苦戦していたリアグリップの問題を解決しきれなかったことが、今回の敗因だ。次のシルバーストーンで良い戦いをするためにも、しっかりと解決したい。ラタパーは、レース中にフィーリングを向上させどんどんタイムを上げていった矢先の転倒だったのが残念だ。今後も高いモチベーションと集中力を維持してがんばってほしい」



No Result for Unfortunate Nakagami
With 25th for Wilairot in Czech GP


Rd11 HJC Helmets Grand Prix České republiky : Sunday, August 21 2016


Weather: WET
Ambient: 16℃:Track: 17℃


The dry conditions which blessed the Automotodrom Brno for the previous two days were replaced with cool and wet conditions on race day. After a cautious start from the fourth position on the grid, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami was hit by another rider at turn7 from behind on lap11. Although the Japanese rider was unhurt, he had to finish the race there. Soon after the incident, the rider who nudged out Nakagami was imposed ride-through penalty by race direction.


In the meantime, another IDEMITSU Honda Team Asia man Ratthapark Wilairot ran wide and fell down on the gravel at turn5 when he was riding within top20 position. The Thai rider picked up the bike and rejoined the race, then had the checkered flag for twenty-fifth place.


Takaaki Nakagami (DNF)


“At the beginning of the race, I was following the leaders for a while. My pace was not strong enough to get the podium, so I changed my strategy to score some championship points. Then, all of a sudden, I was pushed out by the rider who came from behind, which made me crash as a result. I am very frustrated what had happened on me, because it robbed me of any good result and my championship standing fell down to seventh. For the next race, I have a good memory with Silverstone and I like the racetrack, so we will try our best to make a good race again.”


Ratthapark Wilairot (25th)


“It was very difficult race. In the beginning, I tried not to push too hard. When five or six lap to go, I was high-sided at the entry of turn5. I could not stop the bike and run wide, then crashed. Immediately after that, I picked up the bike and rejoined the track to finish race. I am very disappointed because I was riding within top20. Anyway, I would like to keep positive because there are still seven races to go, which we can get better results.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Before the crash, Taka was fighting for top10 places. We had to struggle to get good rear grip all through the weekend, which is why he was not competitive enough. For sure, we will solve this problem in order to make a good race in Silverstone. For Ratthapark, it’s a pity he had to crash because he was improving his feeling and lap time. We hope he will keep high concentration and motivation for the next races.”