新着情報

Round.12 Great Britain Race

中上貴晶、イギリスGPで3位表彰台
ウィライローは18位でゴール


Rd12 イギリスGP/シルバーストーンサーキット: 2016年9月4日(日)


コンディション:ドライ
気温: 18℃  路面: 18℃


 第12戦イギリスGPの決勝で、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が3位表彰台を獲得。11番手グリッドからのスタートとなったものの、前日の予選を終えた段階で述べていた「決勝がドライなら良いレースをできる」という自信を、しっかりとレース結果で証明してみせた。


 レース序盤からトップグループ後方で周回を重ねた中上は、落ち着いた走りで着々と順位をあげていった。最後はフランコ・モルビデッリ選手と互いに正々堂々とした息詰まる戦いを繰り広げ、0.321秒差で3位チェッカー。


  チームメイトのラタパー・ウィライローは、最後尾スタートから前方グループを追いかけつつバトルを続けた。最後は単独走行になり、ポイント圏内まであと3番手と迫る18位のゴールを果たした。


中上貴晶(3rd)


「レース序盤から、落ち着いて前のライダーをひとりずつ確実に抜いていくように心がけた。レース終盤は、モルビデッリ選手と気持ちの良いバトルをできた。最後に彼をもう一度抜き返そうと狙ったが、うまくインを閉められてしまった。サマーブレイク開けのレッドブルリンクとブルノでは苦しいレースが続いたので、表彰台に戻ってくることができてうれしい。優勝したルティ選手と2位のモルビデッリ選手には、素直に賞賛を贈りたい。素晴らしい仕事をしてくれたチームと、いつも応援してくださる方々に心から感謝している」


ラタパー・ウィライロー (18th)



「レースでは、良いフィーリングで走ることができた。チームに感謝している。決勝中は、集中してどんどん攻め、ラップごとに自信を持ってタイムを上げてゆくことができた。もっと良いグリッドからスタートしていれば、ポイントを獲得できていたと思う。この調子で、次戦のミザノもFP1からしっかりとがんばりたい 」


岡田忠之-チーム監督

「両選手とも、不利なグリッドポジションからがんばってよく追い上げてくれた。 中上は、表彰台を狙えるペースをしっかりとレースで実現した。今後もこの調子を維持して、さらに表彰台獲得や勝利を重ねられるように、チーム一丸となってがんばりたい。ラタパーは、レース終盤には中上と遜色ないタイムで走れていた。集中力とモチベーションをさらに高め、次のレースでも初日からがんばってほしい」



Superb 3rd Podium for Nakagami
With 18th for Wilairot in British GP


Rd12 OCTO British Grand Prix : Sunday, September 04 2016


Weather: Dry
Ambient: 18℃:Track: 18℃


IDEMTSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami made another fantastic race again here in Silverstone circuit and crossed the line in third place. As he said yesterday that he would make a good race if the race was dry, he demonstrated his competitiveness in eighteen laps’ race.


The Japanese rider who have started the race from eleventh on the grid improved his position lap by lap with great composure. In the final stages, he did fierce and clean battle with Franco Morbielli who finally had checkered flag just 0.321s in front of Nakagami.


In the meantime, another IDEMITSU Honda Team Asia man Ratthapark Wilairot finished in eighteenth place. The Thai rider started from the back of the grid, and followed the group in front of him. In the end he was riding alone and just missed only three place for the championship points.


Takaaki Nakagami (3rd)


“From the beginning, I tried all my best to overtake guys in front of me but not to have pushed too hard. In he final stages we made a good battle with Franco, which I enjoyed a lot. I tried to overtake him again but he closed the door. Great compliments to him and to the race winner Thomas, I am glad to be back on the podium. it is very good feeling because after summer break I had to struggle in Red Bull Ring and Brno. My team did fantastic job. I would like to thank them and all the people who always support us.”


Ratthapark Wilairot (18th)

“Thanks for the team who worked very hard, I was able to get a good feeling and concentrated in the race. The harder I pushed, the more I improved my lap time. If I have started from better grid position, I could've gotten some championship points. We keep trying harder for the next race in Misano.”


Tadayuki Okada - Team Manager


“Albeit starting from lower grid positions, both of our riders did very good job today. Nakagami demonstrated his competitiveness in the race and took third podium, which is good. We will try harder to get better results and more victories. Ratthapark set very fast lap time, almost as same as Taka in the final stages. He will be motivated with good concentration for the next race weekend in Misano.”