新着情報

Round.13 San Marino GP Free Practice

中上貴晶がサンマリノGP初日に総合トップタイム
ウィライローは17番手スタート


Rd13 サンマリノGP/ミザノサーキット: 2016年9月9日(金)


コンディション:ドライ
気温: 27℃  路面: 43℃


 2016年第13戦サンマリノGPがミザノサーキットで始まった。Moto2クラスはウィーク初日の金曜にFP1とFP2の2回のセッションを行い、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が両セッションでトップタイムを記録して初日トップにつけた。チームメイトのラタパー・ウィライローは総合17番手タイムを記録した。


 昨年のレースでも表彰台を獲得した相性の良いコースで、中上はFP1から好調な走りを披露した。良好なコンディション下で、中上は落ち着いた走行でセッション最速タイムをマーク。午後のFP2では、全選手中唯一の1分38秒の壁を破る1分37秒737に入れて初日を制覇した。


 チームメイトのウィライローは、午後のFP2で大幅にラップタイムを改善し、自己ベストタイムを1分38秒989とした。


 明日のFP3は、現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタートする。



中上貴晶 (1st, 1’37.737)


「両セッションともトップで初日を終えたことはポジティブな材料だが、FP1・FP2ともフロントから充分なグリップを得られず、セットアップで苦労をしているので、バイクの仕上がりには納得していない。目標は日曜のレースで絶対に勝つことなので、明日の走行はあくまでもそこに照準を据えてセッションに取り組み、ポールポジションを獲れればなお良い、というくらいの気持ちで臨みたい」


ラタパー・ウィライロー (17th, 1’38.989, +1.252)


「FP1の後、チームの施してくれた変更のおかげでだいぶ走りやすくなり、コースインするとすぐにラップタイムを更新できた。とはいえ、まだまだ改善の余地はある。特にセクター1はだいぶ損しているので明日はそこを改善し、予選で良いグリッドポジションを獲得したい」


岡田忠之-チーム監督

「中上はトップタイムを記録したが、マシンにフロントが切れ込む症状が出ているので、そこを改善することで、日曜のレースで勝利を確実に狙えるようにセットアップを進めたい。ラタパーは、午後にがんばってタイムを改善してくれた。前戦から進歩をしている証左だと思う。明日もひきつづき前向きな姿勢で頑張ってほしい」



Nakagami Sets the Benchmark on Day1 at Misano
with 17th for Wilairot


Rd13 Gran Premio TIM di San Marino e della Riviera di Rimini: Friday, September 09 2016


Weather: Dry
Ambient: 27℃:Track: 43℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami started the San Marino Grand Prix in a very positive mood with setting the benchmark time of 1m37s737. His team mate Ratthapark Wilairot posted strong 1m38s989 for the first day of this weekend.


Having taken third podium last year, Nakagami showed a good affinity for this racetrack already in the morning with setting fastest lap time. In the afternoon, Nakagami was the only rider who broke the wall of 1m38s, with posting formidable 1m37s737.


The Thai rider made considerable improvement on his lap time in the afternoon, which was seventeenth fastest in Friday’s overall results.


Next Moto2 session, forty-five minutes FP3 is set to start at 1055 local time (GMT +2) tomorrow.



Takaaki Nakagami (1st, 1’37.737)


“It is positive that I set fastest lap time both in FP1 and FP2.However, I am struggling with front-end which doesn’t give me a good feeling. Obviously, I have to improve there tomorrow. My objective is claiming victory on Sunday, so our target is improving the bike for the race, and if we get the pole position, so much the better.”


Ratthapark Wilairot (17th, 1’38.989, +1.252)


“Thanks for my team to modify the bike in better way after FP1, I was able to improve my lap time immediately in FP2. Anyway, there are still many rooms to improve. Especially, I am losing a lot in Sector1, which is the target to make it better for tomorrow. For sure, I will try my best to get a good grid position in the qualifying.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Although Nakagami set fastest lap time today, his front locks so often. We have to improve there in order to make sure the victory on Sunday. For Ratthapark, his lap time improvement in FP2 proved his big effort and I am happy about it. I believe this good performance boosts his confidence.”