新着情報

Round.13 San Marino GP Qualifying

中上貴晶がサンマリノGP予選でフロントロー2番グリッドを獲得
ウィライローは6列目からレースに臨む


Rd13 サンマリノGP/ミザノサーキット: 2016年9月10日(土)


コンディション:ドライ
気温: 28℃  路面: 39℃


 第13戦サンマリノGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は2番手タイムの1分37秒509を記録した。明日の決勝レースは、フロントロー中央の2番グリッドからスタートする。


 中上は土曜午前のFP3でも昨日来の好調さを維持し、このレースウィークで3回目となるセッショントップタイムを記録した。午後3時05分に始まった予選では終盤に1分37秒台を連発し、フロントローを確保。決勝レースに向けて高い戦闘力を存分に発揮した。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、予選中盤に1分38秒655を記録した。決勝レースは6列目18番グリッドからのスタートで、ポイント圏内フィニッシュを狙う。


 明日の日曜は現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、午後12時20分にスタートする決勝レースは26周で争われる。



中上貴晶 (2nd, 1’37.509, +0.073)


「明日はザルコ選手が最も強力なライバルになるだろう。逃げるのは難しいだろうが、トップ集団の前で走り続けるようにレースを組み立てればラクな展開に持ち込めると思うし、そうすれば勝てると思う。昨日から言ってるように、今週は絶対に勝つためにこのサーキットに来た。この週末、全員で一丸となって取り組んできたことをレースでしっかりと発揮して、明日は優勝を飾りたい」


ラタパー・ウィライロー (18th, 1’38.655, +1.219)


「バイクはどんどん良くなっており、今日の予選でも良いリズムで走ることに集中した。ラップタイムは1分38秒台後半から39秒台前半を安定して刻めているので、まずまずのペースだと思う。明日はスタートを決めて良いグループについて行き、トップ15に入りたい」

岡田忠之-チーム監督

「中上はプラクティスと同じペースで走れば、結果はおのずとついてくるだろう。だが、レースでは何が起こるかわからないので、序盤からうまく抜け出してペースを作ってほしい。あとは落ち着いて走れば、充分に優勝争いをしてくれるはずだ。ラタパーは、今シーズン自己ベストグリッドを獲得してくれた。決勝レースでも引き続き、今季ベストリザルトを目指して全力でがんばってほしい」



2nd Grid for Nakagami in Misano
6th Row for Wilairot


Rd13 Gran Premio TIM di San Marino e della Riviera di Rimini : Saturday, September 10 2016


Weather: Dry
Ambient: 28℃:Track: 39℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start Sunday’s San Marino GP from second position on the grid with setting a superb lap time of 1m37s509.


Nakagami continuously demonstrated strong momentum in the morning FP3, which he clocked the top of the timesheets for the third time in this weekend.


In the forty-five minutes’ qualifying, the Japanese rider posted 1m37s’ for consecutive laps, which secured him the front row start for tomorrow’s twenty-six laps race.


Team mate Ratthapark Wilairot set his best lap time of 1m38s655 in the middle of the qualifying session. He will start from eighteenth position on the grid.


The next Moto2 session will be warm-up at 0910 local time (GMT +2) and the San Marino Grand Prix gets underway at 1220 local time.



Takaaki Nakagami (2nd, 1’37.509, +0.073)


“I anticipate Johann Zarco will be the toughest rival for tomorrow. Although it will be difficult to pull away from the start, if we lead the group in the front, we will be able to apply a good strategy for the race, and which will bring us the victory. As I said yesterday, I came here to win the race. We’ve been trying very hard this weekend to get the best result, and we can do it.”


Ratthapark Wilairot (18th, 1’38.655, +1.219)


“We have been improving our bike this weekend and now we are ready for the race. In the qualifying, I was not worried too much about fast lap, and concentrated on getting a good rhythm. I was able to post 1m38 highs to1m39 lows consistently, which is good. For tomorrow, I will make a good start and follow the group to finish within top15.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“I believe Nakagami will get a good result if only he demonstrates as strong pace as he did in free practice sessions. However, anything can happen in the race, so making a good pace from the beginning will be decisive. Keep calm, then the result will follow. Ratthapark took his best grid position in this season. I hope it will bring him the the best result of this year.”