新着情報

Round.14 Aragon GP Free Practice

中上貴晶がアラゴンGP初日に総合トップタイム
ウィライローは28番手スタート


Rd14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン: 2016年9月23日(金)


コンディション:ドライ
気温: 23℃  路面: 33℃


 2016年第14戦アラゴンGPがスペインのモーターランドアラゴンで始まった。激戦のMoto2クラスはウィーク初日の金曜にFP1とFP2の2回のセッションを行い、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が初日トップタイムを記録した。チームメイトのラタパー・ウィライローは総合28番手で初日の走行を終えた。


 2戦連続で3位表彰台を獲得している中上は、午前の走行から快調な走りを披露した。FP1のセッション終盤に自己ベストを連発してトップタイムとわずかに0.060秒差の3番手タイムを記録。午後のFP2でも一貫して安定感の高い走行を続け、セッション終盤にはユーズドタイヤで1分53秒702に入れて初日を制覇した。


 チームメイトのウィライローは、セクター3でやや苦戦しながらも午前から午後にかけてラップタイムを改善し、1分55秒943の自己ベストタイムを記録した。


 明日のFP3は、現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタートする。



中上貴晶 (1st, 1’53.702)


「ここ数戦は、どのコースに行ってもすぐにバイクの良いバランスを見つけることができている。今回も、ハードコンパウンドのタイヤで安定したラップタイムを刻めているし、FP2の終盤には10数周走ったユーズドのミディアムタイヤでトップタイムを記録できた。明日の午前は、オーリンズの新しいフロントフォークも試してみる予定だ。午後の予選では、是非ともポールポジションを獲得したい」


ラタパー・ウィライロー (28th, 1’55.943, +2.241)


「午後の走行では、いつもと同じようなミスで転倒してしまった。チームに申し訳なく、自分の不甲斐なさに憤りを感じる。セクター1とセクター2はだいぶ良くなったが、まだセクター3で苦戦を強いられている。明日に向けてやるべきことはたくさんあるが、良いベースとデータがあるので改善を目指したい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、ハード側・ソフト側のいずれのコンパウンドでも、水準の高いラップタイムを安定して刻んでいる。ここ数戦は好リザルトを連続して獲得し、良い流れを掴んでいるので、明日もきっとこの好調さを維持してくれるだろう。ラタパーは、セッション中の転倒で集中力が途切れてしまったようだ。明日はコース攻略を進めて、滑らかに走れるようにがんばってほしい」


Photo



Nakagami Sets Fastest on Day1 at Aragón
with 28th for Wilairot


Rd14 Gran Premio Movistar de Aragón: Friday, September 23 2016


Weather: Dry
Ambient: 23℃:Track: 33℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami started the Aragón Grand Prix weekend in a very positive mood with setting the top time for the first day of 1m53s702. His team mate Ratthapark Wilairot posted twenty-eighth quickest of 1m55s943.


Having taken two successive third podium, Nakagami kept strong momentum in this weekend. In the morning’s FP1, the Japanese rider set third fastest lap time which is only 0.060s off the top. In the afternoon, he consistently clocked competitive lap time, then set the benchmark of the day at the end of the session with used tire.


The Thai teammate made a step forward from FP1 to FP2, although he had to struggle a bit in sector3.


Next Moto2 session, forty-five minutes FP3 is set to start at 1055 local time (GMT +2) tomorrow.



Takaaki Nakagami (1st, 1’53.702)


“Recently we always find optimal balance of the bike right away, and this was the case for today, too. I was able to set consistent lap time with hard compound rear, and at the end of FP2 I managed to clock the fastest with the used medium rear which I had already done more than ten laps. For tomorrow’s FP3, we will try new Öhlins front folk. And our target for the qualifying is, for sure, pole position.”


Ratthapark Wilairot (28th, 1’55.943, +2.241)


“I am so angry about myself because I did the same mistake again and crashed. I am sorry for my team who always work hard for me. I improved sector1 and sector2, but still struggling in sector3. For tomorrow, we have many things to do. Anyway, we have good base and information to make it better.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Nakagami set very competitive lap time with both harder and softer compounds. He made good results in these races, which gave him a confidence. Definitely, it will boost his performance for tomorrow. For Ratthapark, although he crashed in FP2 and it made him lose the concentration, he will be able to improve his performance tomorrow and ride more fluently in this track.”


Photo