新着情報

Round.14 Aragon GP Qualifying

中上貴晶がアラゴンGP予選でフロントロー3番グリッドを獲得
ウィライローは10列目からレースに臨む


Rd14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン: 2016年9月24日(土)


コンディション:ドライ
気温: 27℃  路面: 43℃


 第14戦アラゴンGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は3番手タイムの1分53秒491を記録した。明日は、フロントロー3番グリッドから決勝レースに臨む。


 中上は土曜午前のFP3で新しいフロントフォークを試し、セッション5番手タイムを記録した。午後3時05分に始まった45分間の予選では、そのセットアップをさらに進めてフロントローを確保。決勝レースに向けて、良好な仕上がりを見せている。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、予選終盤に1分55秒548を記録した。決勝は10列目29番グリッドからのスタート。追い上げのレースでポイント獲得を狙う。


 明日の日曜は現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、午後12時20分にスタートする決勝レースは21周で争われる。



中上貴晶 (3rd, 1’53.491, +0.284)


「昨日も話した新しいフロントフォークを今日のFP3で予定通り試し、そのまま予選に臨んでセッティングを進めた。FP3ではユーズドタイヤでロングランをして、落ち幅なく走ることを確認できたので、ペース面でも充分に優勝争いをできると思う。明日は、タイヤの温存も含めしっかりと頭を使ってレースを組み立てながら、優勝を目指して戦いたい」


ラタパー・ウィライロー (29th, 1’55.548, +2.341)


「昨日課題だったブレーキングポイントは良くなってきたが、まだ充分ではなく、全区間でタイムをロスしている。レースペースに関しては安定して走れているが、グリッド位置が低いので、明日はスタートを決めて前のグループを追いかけ、トップ20を目指したい。厳しいレースウィークだが、最後まで諦めずにがんばりたい」


岡田忠之-チーム監督

「このコースは抜きづらい区間が多いので、今日の予選でフロントローを獲ることができたのは、中上にとって非常に重要なポイントだった。序盤にトップグループを構成して自分のペースを掴めば、明日は間違いなく良いレースをしてくれるだろう。ラタパーは、毎戦決勝レースでベストタイムを更新しているので、明日も集中力を切らさずに最後までがんばって走り抜いてほしい」

Photo


3rd Grid for Nakagami in Aragón
10th Row for Wilairot


Rd14 Gran Premio Movistar de Aragón : Saturday, September 24 2016


Weather: Dry
Ambient: 27℃:Track: 43℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start Sunday’s Aragón GP from third position on the grid with setting a stunning lap time of 1m53s491.


In the morning, Nakagami tried new front folk and successfully clocked fifth fastest in the session. In the forty-five minutes’ qualifying, the Japanese rider improved front set-up and secured front row for tomorrow’s twenty-one laps race.


Team mate Ratthapark Wilairot set his best lap time of 1m55s548 at the end of the qualifying session. He will start tomorrow’s race from twenty-ninth position on the grid.


The next Moto2 session will be warm-up at 0910 local time (GMT +2) and the Aragón Grand Prix gets underway at 1220 local time.



Takaaki Nakagami (3rd, 1’53.491, +0.284)


“As I said yesterday, we tried new front folk in FP3, and modified its set-up in the qualifying. We also tried race simulation in FP3, which was very consistent. Now I am confident that we can battle for the victory tomorrow. We can make a good start with smart strategy of saving tire and so on, then I will give my everything to win the race.”

Ratthapark Wilairot (29th, 1’55.548, +2.341)



“Now we are improving braking points I had to struggle yesterday, but it is not enough yet and I lost in every sectors. Our race pace is good, but I have to start from back of the grid, so making a good start will be very important for us. I will try to follow the good group to finish within top20. It is difficult weekend for us but I never give up.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“This race track is very difficult to overtake, so I am happy that Nakagami getting the front row. He will fight for the victory if only he make a good start and lead the race from the beginning. I know he can do it. Ratthapark always improves his best lap time in the race. Keeping concentration till the end of the race will be the key for him.”

Photo