新着情報

Round.15 Japan GP Qualifying

中上貴晶が日本GP予選で3列目7番グリッドを獲得
ウィライローは9列目からレースに臨む


Rd15 日本GP/ツインリンクもてぎ: 2016年10月15日(土)


コンディション:ドライ
気温: 23℃  路面: 28℃


 第15戦日本GPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は7番手タイムの1分50秒522を記録。明日の決勝レースは、3列目7番グリッドから23周の戦いに臨む。


 中上は、午前のFP3で決勝用タイヤの見極めを行い、レース周回の安定性を確認した。午後3時05分から行われた45分間の予選では、セットアップに磨きをかけて1分50秒台の高いアベレージタイムを刻み、3列目を確保した。予選を終えた仕上がりは、決勝レースで充分にトップ争いを期待できる水準だ。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、予選最後に自己ベストの1分51秒844を記録した。決勝は9列目25番グリッドからのスタート。明日は追い上げのレースでポイント獲得を狙う。


 明日の日曜は午前9時10分から20分のウォームアップ走行を行い、決勝レースは午後12時20分にスタートする。



中上貴晶 (7th, 1’50.522, +0.561)


「グリッドポジションに満足はしていないが、FP3でレースシミュレーションの確認をできたので、タイヤの耐久性に関して不安はない。明日はハイペースのレースになると思うが、アベレージタイムには自信がある。良いスタートを決めて序盤からトップグループについてゆき、表彰台争いから最終的には優勝を狙いたい」


ラタパー・ウィライロー (25th, 1’51.844, +1.883)


「今日の序盤はリアのスピンに苦しんだが、リアサスペンションに変更を加え、グリップが良くなった。ただ、フロントについてはまだ若干苦戦傾向なので、明日のウォームアップでさらに改善を試みたい。決勝では完走を目指し、全力でトップ15を目指すつもりだ」


岡田忠之-チーム監督

「中上は3列目7番手グリッドなので、明日の決勝レースは良いスタートを決めてほしい。序盤でトップグループについてゆければ、充分に良いレースをできると思う。ライバルたちも速いので簡単にはいかないだろうが、表彰台を目指して戦ってくれるだろう。ラタパーはがんばってタイムアップを果たしてくれたが、周囲の選手が予想以上に速く、25番手からのスタートになった。決勝ではベストラップに近いアベレージタイムを維持して、良い結果を獲得してほしい」



PHOTO



7th Grid for Nakagami at TwinRing Motegi
9th Row for Wilairot


Rd15 MOTUL Grand Prix of Japan : Saturday, October 15 2016


Weather: Dry
Ambient: 23℃:Track: 28℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami is ready for the Japanese GP race on Sunday from seventh position on the grid with setting a competitive lap time of 1m50s522.


In the morning, Nakagami tried race simulation and confirmed strong pace for Sunday. In the forty-five minutes’ qualifying, the Japanese rider and his team fine-tuned setup of their bike to reassure the competitiveness for twenty-three laps’ race with consistent 1m50s’.


Team mate Ratthapark Wilairot set his best lap time of 1m51s844 at the end of the qualifying session. He will start tomorrow’s race from twenty-fifth position on the grid.


The Moto2 riders will next be in action in tomorrow’s Warm Up session at 0910 local time (GMT+9) before the Japanese Grand Prix gets underway at 1220.



Takaaki Nakagami (7th, 1’50.522, +0.561)


“Although I am not satisfied with my grid position, we have confirmed our pace and tire durability in FP3, which gave me a good confidence for the race. For tomorrow, I can fight with fast-paced leading guys. Making a good start and staying with them will be very important, then the podium will be within our reach.”


Ratthapark Wilairot (25th, 1’51.844, +1.883)


“At the beginning I had a problem with rear spinning. We modified rear shock and got a good grip. But we still struggled a bit with front-end, so we will try something in warm up. For tomorrow, I will give my everything from the beginning to get championship points. ”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Considering Taka’s grid position, making a good start will be decisive for the race. It will not be an easy race, but I think Taka can follow his rivals with strong pace and get the podium. Well done for Feem, he did a good job, but our rivals are faster than we expected. Even though he has to start from twenty-fifth position on the grid, he will be able to get a good result with setting consistent lap time.”


PHOTO