新着情報

Round.15 Japan GP Race

中上貴晶、激闘の日本GP決勝を4位でゴール
ウィライローは18位でチェッカー


Rd15 日本GP/ツインリンクもてぎ: 2016年10月16日(日)


コンディション:ドライ
気温: 23℃  路面: 36℃


 第15戦日本GPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は激戦を繰り広げて4位でゴールした。


 3列目7番グリッドからスタートした中上は、序盤からトップグループにつけ、最後まで表彰台圏内でライバルたちと激しい順位争いを展開した。最終ラップでは、フランコ・モルビデッリ選手をオーバテイクして3番手に浮上したものの、ふたたび差し返されて0.2秒差の4位チェッカーを受けた。


 25番グリッドからスタートしたチームメイトのラタパー・ウィライローは、最後まで粘りの走りを続けて18位で完走を果たした。



中上貴晶(4th)


「厳しいレースだったが、力の限りがんばってトップ争いをした。最終ラップでは、モルビデッリ選手を抜けると思ったので、お互いに限界まで攻めて、抜きつ抜かれつの素晴らしいバトルをできたと思う。最後に競り負けて表彰台を逃してしまったのは本当に悔しいが、良いレースをできたと思う。ファンの方々からの声援は本当に心強く、表彰台を獲得できなくてごめんなさい、という気持ちもあるが、また来年にもう一度トライをしたい 」


ラタパー・ウィライロー (18th)


「ウォームアップから決勝に向けて、バイクがよくなった。トップ20で終えたのは悪くないが、自分たちの目標はもっと高いところにあるので、さらに良いリザルトを目指したい。予選順位とレース序盤の改善が、今の課題だ。グリッドが良ければ、スタートも有利になるし、良いグループの中で戦うことができるはずだ」


岡田忠之-チーム監督

「トップ2台と比べると、中上のバイクはレース後半にリアのスライドが多くなっていた。それを考えれば、よく頑張って良いレースをしてくれたと思う。ラタパーは、レース序盤のペースを改善すれば、さらに良いリザルトを獲得できるようになるだろう」



PHOTO



Strong 4th for Nakagami
With 18th for Wilairot in Japanese GP


Rd15 MOTUL Grand Prix of Japan : Sunday, October 16 2016


Weather: Dry
Ambient: 23℃:Track: 36℃


After twenty-three laps’ scorching battle, IDEMTSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami finished in fourth place at TwinRing Motegi today.


Starting from seventh position on the grid, the twenty-four-old Japanese rider from Chiba was engaged in a thrilling battle to fight for the podium. In the final lap, Nakagami overtook Franco Morbidelli to move up to the third position and Morbidelli passed him again. Nakagami crossed the line only 0.2 second from his rival.


Another IDEMITSU Honda Team Asia man Ratthapark Wilairot started the race from twenty-fifth position on the grid and pushed hard till the end of the race. He had a checkered flag for eighteen place.



Takaaki Nakagami (4th)


“It was not an easy race for me but I tried everything because this is my home Grand Prix. In the final lap I thought I would be able to catch Franco, and we did an incredible battle to get the podium but it was impossible for me. That's racing. I enjoyed the race a lot, but for sure I was disappointed because I could not get the podium. During the race I saw many Japanese flags everywhere to cheer me up I would like to thank all the fans to support us in this weekend. We will fight back again next year.”


Ratthapark Wilairot (18th)


“We improved our bike from Warm-Up to the race. We are following good direction. Finishing within top 20 is a good but we need more because our target is even higher than today's result and I think we can do it. What I need to improve is qualifying and the start of the race. When we improve qualifying, we will make a better start and fight within good groups.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Compared to the race winner and second finisher, Taka’s bike slid a lot in the final laps. Considering that, he did very god job today. Feem will get better result when he improves his pace, especially at the beginning of the race.”



PHOTO