新着情報

Round.16 Australia GP Free Practice

中上貴晶が雨のオーストラリアGP初日に6番手
ウィライローは25番手タイム


Rd16 オーストラリアGP/フィリップアイランドサーキット: 2016年10月21日(金)


コンディション:ウェット
気温: 12℃  路面: 14℃


 2016年第16戦オーストラリアGPがフィリップアイランドサーキットで始まった。絶え間ない氷雨の降りしきるなかで行われた金曜日の走行で、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は午前のFP1に6番手タイムを記録した。チームメイトのラタパー・ウィライローは25番手でこの走行を終えた。


 ライダーたちにとって厳しいコンディション下でも、中上は快調な走りを披露した。また、チームメイトのウィライローも、セッション序盤から好順位につけた。両選手とも雨の中で慎重かつ入念な走り込みを行い、ウェット用のセットアップを進めたが、午後は雨脚が強くなったため、安全性を考慮してセッションはキャンセルされた。



中上貴晶 (6th, 1’48.315, +0.686)


「雨の中で最初にピットアウトしたときから戦闘力の高いペースで走ることができた。今まではウェットコンディションで苦戦することが多かったが、今は雨の中でも安定して良いフィーリングで走れている。明日が雨になったとしても、フリープラクティスと予選で高い戦闘力を発揮できる自信がある」


ラタパー・ウィライロー (25th, 1’52.002, +4.373)


「FP1の序盤はトップ15前後につけることができたが、セッション時間の経過と共にどんどんコンディションが難しくなってきて、2回ほど転倒しそうになった。うまく堪えてセーブできたのは、ライディングの自信を深める上でもよかったと思う。今はすべてが良い方向に進んでいる手応えがある」


岡田忠之-チーム監督

「今日のFP1はセッション中に雨脚が強くなったり少し弱まったりする難しいコンディションだったが、中上は終始落ち着いて取り組み、上位の6番手につけることができたので、良いセッションになったと思う。ラタパーは、自分と中上の走りの違いをデータ上でも比較して認識できたので、明日の走行では改善部分にトライしてタイムアップをはたしてくれるだろう」



Nakagami Sets 6th Quickest
with 25th for Wilairot in Drenched Phillip Island


Rd16 MICHELIN AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX: Friday, October 21 2016


Weather: Wet
Ambient: 12℃:Track: 14℃


The opening day of the Australian Grand Prix experienced persistent freezing rain throughout the morning session. Despite this harsh conditions, IDEMITSU Honda Team Asia man Takaaki Nakagami set the sixth quickest time of 1m48s315. His team mate Ratthapark Wilairot posted twenty-fifth quickest of 1m52s002.


The Japanese rider started the day with cautious but consistent pace as setting the 6th quickest lap time in difficult FP1 session. The Thai rider also kicked off the session in a positive mood with clocking within top15 in the beginning. Both of them made good step forward to find decent wet setup.


In the afternoon, FP2 has been cancelled due to the torrential rain.



Takaaki Nakagami (6th, 1’48.315, +0.686)


“From the begging of FP1 we were able to set competitive lap time. In the past, I used to struggle in the wet, however, now I have a good feeling which gave me the confidence. We will be competitive tomorrow even if it is rain both in free practice and qualifying. ”

Ratthapark Wilairot (25th, 1’52.002, +4.373)

“At the begging of FP1, I was not so bad with top15 position. As the sessions went, conditions became worse and I nearly crashed twice. I was able to save, which gave me the confidence in my riding. We are following the good direction in every way.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Taka did very good job in FP1 with great composure under the very difficult conditions, which made him set sixth quickest lap time. I am happy about it. Ratthapark made comparison between his data and Taka’s after FP1. It will give him good suggestions to better his riding and lap time tomorrow.”