新着情報

Round.16 Australia GP Qialifying

中上貴晶がオーストラリアGP予選で12番グリッド
ウィライローは6列目から決勝に臨む


Rd16 オーストラリアGP/フィリップアイランドサーキット: 2016年10月22日(土)


コンディション:ドライ
気温: 10℃  路面: 14℃


 第16戦オーストラリアGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は12番手タイムの1分34秒615を記録。明日の決勝レースは、4列目12番グリッドから25周の戦いに臨む。


 昨日午後の走行がキャンセルされた埋め合わせとして、午前のFP3は通常よりも15分長い1時間に延長された。しかし、コンディションは相変わらず不安定で、中上は大半の時間をピットボックスで過ごした。一方、ウィライローは悪条件下で10周以上の走行を行い、このセッションで29番手につけた。


 午後の予選で、中上は序盤から快調な走りを披露してトップタイムを記録したが、セッション半ばに4コーナーでハイサイド転倒を喫した。転倒直後は右肩を脱臼していたが、自力で外れた関節を元に戻した。その後は予選の走行をしなかったが、中上は明日の決勝レースに向けて4列目12番グリッドを獲得した。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、予選終盤に1分34秒920を記録した。決勝は6列目17番グリッドからのスタート。明日はトップ15を射程距離に収め、ポイント獲得を狙う。


 日曜のスケジュールは午前11時10分(日本時間9時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、決勝レースは午後2時20分にスタートする。



中上貴晶 (12th, 1’34.615, +0.623)


「ハイサイドで地面にたたきつけられた際に、右肩の関節がはずれてしまった。骨折ではないことはすぐにわかったので、少しずつ肩をあげていくとうまく元通りにはまってくれた。コンスタントに良いラップタイムを刻んでいた最中の転倒で、まだ少し痛みが残っているのは残念だが、明日は良いペースでレースをできる自信がある」


ラタパー・ウィライロー (17th, 1’34.920, +0.928)


「このサーキットは右コーナーが少なく、予選では転倒者が多かったので、4コーナーや10コーナーは特に慎重に走るように心がけた。今季ベストグリッドを獲得できたので、明日は充分にポイント圏内のトップ15を狙えると思う」


岡田忠之-チーム監督

「中上は運良く骨折に至らず、序盤から良いタイムを出していたので12番グリッドを獲得できた。ラタパーはこの難しい状況下でがんばって今季ベストグリッドを獲得してくれた。明日は寒く厳しいレースになると思うが、最後までうまくマネージメントして走りきり、チェッカーフラッグを受けてほしい」


PHOTO



12th Grid for Nakagami
6th Row for Wilairot at Phillip Island


Rd16 MICHELIN AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX: Saturday, October 22 2016


Weather: Dry
Ambient: 10℃:Track: 14℃


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start the Australian GP on Sunday from twelfth position on the grid with setting a lap time of 1m34s615.


In the morning’s FP3 which was run over an hour to compensate yesterday’s FP2 cancellation, the Japanese rider chose to stay in the box not to take unnecessary risks. While his team mate Ratthapark Wilairot did more than ten laps under the difficult conditions and set twenty-ninth quickest time.


In the forty-five minutes’ qualifying, Nakagami set very competitive and consistent lap time, then abruptly he was high-sided and thrown into the air at turn4. His right shoulder was dislocated when he was thrown onto the ground, the brave Japanese rider raised his hand slowly and put it in by himself. Despite an early finish from the qualifying, Nakagami secured forth row for tomorrow’s race.


In the meantime, the Thai rider set his best lap time of 1n34s920 at the qualifying. He will start the race from seventeenth position on the grid.


The Moto2 riders will next be in action in tomorrow’s Warm Up session at 1110 local time (GMT+11) before the Australian GP gets underway at 1420.



Takaaki Nakagami (12th, 1’34.615, +0.623)


“When I was thrown onto the ground, I found my right shoulder was dislocated. Immediately, I got the feeling that it was not fracture, so I raised my hand and the joint was put in the place. It’s shame that I had crashed when I was setting competitive and consistent lap time. Although it still hurts a bit, I am confident to make a good race tomorrow.”


Ratthapark Wilairot (17th, 1’34.920, +0.928)

“I tried to be as cautious as possible especially at turn4 and turn10 because most of the turns are left handers, and there are many crashes in the qualifying. I am happy to get the best grid in this year. I think finishing top15 is within our target.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Although Taka had a nasty crash, thankfully there is no fracture and he will be able to start the race from twelfth position on the grid. Ratthapark also did good job and took his best grid in this season. it will be a tough race under cold temperatures tomorrow, so I hope they will manage the race till the end to have checkered flag.”


PHOTO