新着情報

Round.16 Australia GP Race

中上貴晶がオーストラリアGPで5位フィニッシュ
ウィライローは15位でゴール


Rd16 オーストラリアGP/フィリップアイランドサーキット: 2016年10月23日(日)


コンディション:ドライ
気温: 12℃  路面: 34℃


 第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は右肩の負傷を思わせない力強い走りで5位フィニッシュを果たした。


 決勝日の天候は、この週末で最も良好なドライコンディションになった。


 昨日の予選で転倒して右肩を脱臼し、4列目12番グリッドからスタートした中上は、1周目で14番手まで下げた。しかし、そこから次々とオーバーテイクを続けて、最後はトップグループを射程圏内に収める位置まで順位を回復し、最後まで勇敢な走りで貴重な10ポイントを獲得した。


 17番グリッドからスタートしたチームメイトのラタパー・ウィライローは、安定感の高い走りを続けて、ポイント圏内の15位でチェッカーフラッグを受けた。



中上貴晶(5th)


「午前のウォームアップでもリズムよく走れたので、自信を持ってレースに臨むことができた。決勝は鎮痛剤を服んで臨んだが、 25周のレースはとても長く、終盤の10周は痛みが強くて無理をできない状態だった。それでもベストを尽くしてトップ争いの見える5位でゴールできたのは、ポジティブな結果だったと思う。来週の第17戦まであまり時間が無いが、体を休めて回復に専念し、少しでも良い状態でマレーシアのレースに臨みたい」


ラタパー・ウィライロー (15th)


「今週は天候に翻弄されて難しいコンディションだったが、決勝では当初の目標にしていたトップ15を達成し、ポイントを獲得できたのは良かった。しかし、僕たちはもっと高いリザルトを目指せる力があると思う。マレーシアGPは母国のタイに近く、大勢の人たちが応援に来てくれるので、がんばって今回よりも良いリザルトを獲得したい」


岡田忠之-チーム監督


「中上は、レース終盤にペースを維持することが厳しかったようだが、あの体調を考えれば、本当によくがんばって走ってくれたと思う。本来の調子は悪くないので、次のマレーシアまで少し肩を休め、次はぜひ表彰台を狙ってほしい。ラタパーは、ポイント圏内でゴールしたが、本人はこの結果に納得していない。貪欲な心構えはとてもよいことだと思うので、この悔しさを次のマレーシアにぶつけて、全力でがんばってほしい」


Photo




Brave 5th for Nakagami
With 15th for Wilairot in Australian GP


Rd16 MICHELIN AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX: Sunday, October 23 2016


Weather: Dry
Ambient: 12℃:Track: 34℃


The shoulder injury never hampered IDEMTSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami from finishing fifth place at Phillip Island circuit today.


Track conditions for today’s race were the best in this weekend. Starting from twelfth position on the grid, the Japanese rider who dislocated his right shoulder at yesterday’s qualifying had to sank into fourteenth position on lap1. From that position, Nakagami overtook riders lap after lap and recovered to the podium possible positions. The brave Japanese rider was able to salvage ten championship points.


Another IDEMITSU Honda Team Asia rider Ratthapark Wilairot started the race from seventeenth position on the grid. He kept his consistent pace till the end and had a checkered flag for fifteenth place.



Takaaki Nakagami (5th)


“I found a good rhythm in the morning Warm Up, which gave me the confidence for the race. I took painkiller before the race, however, twenty-five lap was very long to me. In the final ten laps, I couldn’t push hard because of the pain. Anyway, I gave my everything and crossed the line for fifth place, which is very positive result for us. After a few days’ rest for recovery, I will be ready for the next race in Sepang.”



Ratthapark Wilairot (15th)


“Although we had very difficult conditions in this weekend, we managed to finish within top15, which is good. For the next race, we will try to get better results because we always give our everything and deserve more. Malaysia is very near from my home country and many people come to see the race. They always give me high motivation and I will try my best for them.”



Tadayuki Okada - Team Manager

“Even though Taka was not able to keep consistent pace at the end, I think he did very good job. Considering his shoulder injury, it is amazing. A few days’ rest will give him back his competitiveness, so he will fight for the podium in Sepang. Ratthapark is not satisfied with his top15 result, and I think it is very good for him to keep motivated. Definitely, this determination makes him try harder in Sepang to get good result.”


Photo