新着情報

Round.17 Malaysia Qualifying

コンディションに翻弄されたマレーシアGP予選で中上は7列目
ウィライローは9列目から決勝に臨む


Rd17 マレーシアGP/セパサーキット: 2016年10月29日(土)


コンディション:ウェット
気温: 26℃  路面: 27℃


 第17戦マレーシアGPのMoto2クラス予選で、 IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は20番手タイムの2分23秒935を記録。19周で争われる明日の決勝レースは、7列目中央20番グリッドから臨む。


 今日のセパンサーキットは午前のFP3から気温と路面温度がぐんぐん上昇していったが、セッション開始後まもなく南国特有の驟雨に見舞われた。中上は、午前の走行ではドライコンディションのうちにトップタイムを記録。午後の予選では、ウェット路面が終盤に向けて乾いてくる微妙な状況のなか、最後にタイムを更新するタイミングを逸して20番手で終えた。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、午前の走行で安定感のある走りを見せながら25番手につけた。午後の予選では2分24秒793のタイムで、決勝レースは9列目からのスタート。明日はトップ15を射程に入れて、ポイント獲得を狙う。


 日曜のスケジュールは午前10時10分(日本時間11時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、決勝レースは午後1時20分にスタートする。



中上貴晶 (20th, 2’23.935, +5.314)


「微妙なコンディション下での予選の戦術や、自分がリスクを背負って攻められなかったことなど、様々な要因で最悪の予選になってしまった。 明日はかなり後方からのスタートになってしまうが、ドライコンディションではトップクラスのスピードとペースがあるので、たくさんのライダーを抜いて先頭集団に迫るつもりだ」


ラタパー・ウィライロー (25th, 2’24.793, +6.172)


「フルウェットでは気持ちよく走れて、どんどん攻めてゆけた。予選終盤に路面が乾いてきたときは、残り時間が短かったのでピットに戻らずに、トレーニングのつもりで走り続けることにした。明日はどのようなコンディションになっても、スタートを上手く決めてトップ15フィニッシュを目指したい 」


岡田忠之-チーム監督


「明日のレースも今日の予選と似たコンディションになることが充分に考えられるので、しっかりとミーティングをして現在抱えている問題の解決に努めたい。ドライになれば、中上は間違いなく、トップ争いに加わるポテンシャルを発揮してくれるだろう。ラタパーも後方からのスタートで厳しいレースになると思うが、ポイント獲得を目指してファイナルラップまで頑張り抜いてほしい」



Photo



Rd17 SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX : Saturday, October 29 2016


Weather: Wet
Ambient: 26℃:Track: 27℃

 


IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami will start the Malaysian GP race on Sunday from twentieth position on the grid with setting his best lap time of 2m23s935.


Morning FP3 has already experienced scorching heat which brought torrential tropical downpour at the middle of the session. The Japanese rider set the quickest lap time at the beginning when the track was completely dry. In the qualifying, when track conditions became dried out toward the end of the session, unfortunate Nakagami missed the best timing to make flying lap, which resulted him to start from twentieth grid.


Another IDEMITSU Honda Team Asia rider Ratthapark Wilairot set his best lap time of 2m24s793 in the qualifying. He will start the race from ninth row on the grid with aiming for finishing top15.


The Moto2 riders will next be in action in tomorrow’s Warm Up session at 1010 local time (GMT+8) before the Malaysian GP gets underway at 1320.



Takaaki Nakagami (20th, 2’23.935, +5.314)


“Our qualifying strategy and my riding that not taking too much risk went wrong, which made me start from far back grid position. It was my worst qualifying as far as I can remember for a while. Anyway, I have a decent speed and pace, so I am confident to chase down the leading group.”


Ratthapark Wilairot (25th, 2’24.793, +6.172)


“In full wet, I rode comfortable and was able to push hard. When the surface become drying out in the final minutes, I decided not to go back the box because it would be a good opportunity to improve myself. For tomorrow, I will give my best to get championship points regardless the conditions.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“We will investigate what our riders suffer from now, because tomorrow’s conditions could be the same as what we had today’s qualifying. If it is dry, Taka will demonstrate his potential to chase the leading group. Feem has to start from the back of the grid, but I know he has a strong determination to try to get championship points.”


Photo