新着情報

Round.18 Valencia Free Practice

中上貴晶がバレンシアGP初日に総合3番手スタート
ウィライローは23番手タイム


Rd18 バレンシアGP/バレンシアサーキット: 2016年11月11日(金)


コンディション:ドライ
気温: 22℃  路面: 27℃


 2016年シーズンの掉尾を飾る第18戦バレンシアGPが、スペイン第三の都市バレンシア郊外のリカルドトルモサーキットで始まった。爽やかな秋晴れの空の下で行われた金曜日の走行で、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は1分35秒568を記録して総合3番手のスタートを切った。


 午前のFP1序盤にマシンから冷却液が漏れて転倒を喫した中上は、このセッションを11番手で終えたが、午後のセッションでしっかりとリカバー。順調にセットアップを詰め、初日総合タイムをトップからわずか0.125秒差の3番手とした。  チームメイトのラタパー・ウィライローも、午後のFP2で新しいフロントフォークを投入した効果を発揮して力強い走りを見せ、今日の走行を1分36秒569の総合23番手タイムで終えた。


 明日のMoto2クラスのセッションは、現地時間午前10時55分(日本時間午後6時55分)からFP3が、午後3時05分から45分間の予選が行われる。



中上貴晶 (3rd, 1’35.568, +0.125)


「午前のセッションでは、転倒したマシンの修復に大幅な時間を費やしてしまい、午後のFP2はプランを少し変更する必要があったが、総合3番手のタイムを出せたので充分に埋め合わせをできたと思う。明日はマシンの前後バランスを少し見直せば、さらにタイムアップできるだろう。予選では、もちろんフロントローを狙っている」


ラタパー・ウィライロー (23rd, 1’36.569, +1.126)


「今日の午後のセッションから、新しいフロントフォークを使い始めたことで、今年の課題だったブレーキングが大幅に改善した。FP2は総じて良いフィーリングだったが、決勝で良い走りをするために明日は良いレースペースを刻むことを目指したい。1分36秒台で安定して走れれば、決勝でもよい戦いをできるはずだ」


岡田忠之-チーム監督

「中上はFP1で大きな転倒を喫してしまったが、怪我をしかったのは本当に幸いだった。ライダーには申し訳ないトラブルだったが、午後の走行時間をチームと一丸になって有効に活用し、良い手応えのセッションにしてくれた。シーズン2勝目に向けて、さらに明日の走行を研ぎ澄ませてほしい。ラタパーは、オーリンズが良いフロントフォークを提供してくれたおかげで、自信を持って走れているようだ。このマテリアルのパフォーマンスをさらに高いレベルで発揮するよう、明日も引き続きがんばってほしい」



PHOTO



Nakagami Sets 3rd Quickest on Day1 in Valencia
with 23rd for Wilairot


Rd18 Gran Premio Motul de la Comunitat Valenciana : Friday, November 11 2016


Weather: Dry
Ambient: 22℃:Track: 27℃


The grand finale of the 2016 Moto2 World Championship has started at Ricardo Tormo Circuit today. Under the autumn clear sky with crispy air, IDEMITSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami set the third quickest time of 1m35s568, which is only 0.125 second off the fastest of the day.


The Japanese rider made a meticulous start in FP1 due to the early high-side crash caused by coolant fluid leakage, which forced him to finish eleventh fastest in that session. In the Afternoon, Nakagami and his team recovered what they had lost in FP1 and arrived the third highest position of the combined time sheets.


Another IDEMITSU Honda Team Asia man Ratthapark Wilairot made solid progress in FP2 with taking advantage of the new front fork that he obtained in this weekend. The Thai rider set twenty-third quickest of 1m36s569.


The next practice session FP3 starts at 1055 local time (GMT +1) before qualifying gets underway from 1505.



Takaaki Nakagami (3rd, 1’35.568, +0.125)


“This morning, we had to stay in the box most of the time due to the high-side crash I had earlier in the session, which forced us to change our program in FP2. I was able to set third fastest for today so I think we made a good recovery. For tomorrow, we will find better compromise with the balance of our bike, then I am confident to improve my lap time and get the front row.”


Ratthapark Wilairot (23rd, 1’36.569, +1.126)


“Thanks to the new front fork Ohlins gave us, I was able to improve my braking that I had been suffering from all this year. In FP2, I had a good feeling overall, so we can try to improve more tomorrow. When we arrive consistent 1m36s’, we will be competitive on Sunday.”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Although Nakagami had a high-side crash in FP1, he did not suffer from injury and I was very relieved. I feel sorry for him because it was not his mistake at all. Anyway Taka and his team did very good job in FP2 to compensate what they had lost in the morning. For tomorrow, they will improve more to get the second victory on Sunday. For Ratthapark, thank to the new front fork that Ohlins provided us, he gained his confidence. I hope it will boost his performance for tomorrow’s qualifying and the race on Sunday.”


PHOTO