新着情報

Round.18 Valencia Race

中上貴晶がバレンシアGPで6位フィニッシュ
ウィライローは20位でゴール


Rd18 バレンシアGP/バレンシアサーキット: 2016年11月13日(日)


コンディション:ドライ
気温: 20℃  路面: 25℃


 第18戦バレンシアGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は6位フィニッシュ。シーズン最終戦を粘りの走りで戦い抜き、苦しい中でも最大限の結果を残して27周の戦いを走りきった。


 3列目9番グリッドからスタートした中上は、レース序盤でポジションを13番手まで落としたが、安定したペースで追い上げを続け、着実にポジションを回復していった。6位に入って10ポイントを獲得したことにより、中上は年間ランキングを6位として2016年シーズンを締めくくった。


 チームメイトのラタパー・ウィライローは、25番手スタートから少しずつ順位を上げて、トップ20圏内でフィニッシュ。持ち味の粘りと頑張りで最後まで走り抜いてチェッカーフラッグを受けた。



中上貴晶(6th)


「年間ランキングを6位で締めくくったので、最低限の仕事はできたと思うが、今日のレース内容と結果に関しては、決して喜べるものではなかった。序盤から我慢のレースで、少しずつ追い上げて6番手でゴールするのが精一杯だった。週明け早々に来シーズンに向けたテストが始まるので、来年こそチャンピオンを獲得するためにチームと力を合わせて取り組んでゆきたい」


ラタパー・ウィライロー (20th)


「フロントは安心感があったが、リアがコーナー進入でスライドするので、ラインを維持するためにブレーキを早めにリリースする必要があった。とはいえ、バイクの仕上がりは総じて満足のいく内容で、良いレースをできたと思う。今シーズンは、とても多くのことを学べた一年で、チームの皆に感謝をしている。今年の経験を今後の自分の活動に活かしたい」


岡田忠之-チーム監督

「中上は、残念ながら表彰台を獲れなかったが、追い上げのレースで6位に入ることができた。来年こそチャンピオンを獲得するために、週明けのヘレステストから全力で取り組み、万全の準備を整えたい。ラタパーは、レース中盤で追い上げを見せて20位でゴールできた。今年はシーズン中に負傷などもあって厳しい一年だったが、今年の経験を活かして今後のレース活動でアジアのレベル向上に貢献をしてほしい」





Photo

Strong 6th Finish for Nakagami
With 20th for Wilairot in Valencia


Rd18 Gran Premio Motul de la Comunitat Valenciana : Sunday, November 13 2016


Weather: Dry
Ambient: 20℃:Track: 25℃


IDEMTSU Honda Team Asia rider Takaaki Nakagami had a checkered flag for sixth place at Circuito Ricardo Tormo today for the grand finale of the 2016 Moto2 championship.


Starting from ninth position on the grid, the Japanese rider sank his position to thirteenth in the opening laps. He started to chase in consistent pace and overtook riders with great composure. By obtaining ten championship points, Nakagami concluded the 2016 season for sixth in championship standings.


Another IDEMITSU Honda Team Asia man Ratthapark Wilairot started from twenty-fifth on the grid, then improved his position with solid style. He had a checkered flag for twentieth place.



Takaaki Nakagami (6th)


“Finishing the season with sixth in the championship standing is good, but I am not satisfied with my race today. I could not push as hard as I wanted and what I was able to do today was crossing the line for six place. We have two days testing on next Tuesday. We will work very hard because we have to win the championship next year.”


Ratthapark Wilairot (20th)


“I had a lot of confidence with front-end but not enough with rear. I had sliding at the entry of the corner, so I had to release the brake earlier to keep the line. But generally, I am quite happy with my bike. Thanks to the everyone in my team, I learned a lot of things this year and I would like to utilize this experience for my future,”


Tadayuki Okada - Team Manager

“Even though Nakagami missed to get the podium, I am happy that he chased them down and finished the race for sixth place. Now we are headed to Jerez to have two days testing from Tuesday. We will make perfect and meticulous preparation to win the championship next year. For Ratthapark, it was not easy season for him with some injuries in mid-summer. But I believe that the difficulties always make you stronger. I think he learned a lot from this season because he will be an important personnel for Asian riders to uplift their levels.”


Photo