新着情報

2017 Team Stracture

2017年シーズンのIDEMITSU Honda Team Asiaは
中上貴晶とカイルール・イダム・パウイの陣容で挑む


2016年12月02日(金)


 IDEMITSU Honda Team Asiaは、日本人選手の中上貴晶とマレーシア人選手のカイルール・イダム・パウイというラインナップで、来たる2017年シーズンのMoto2クラス世界選手権に臨む。


 中上は、2016年シーズンにオランダGPの優勝を含む4戦で表彰台に登壇。全18戦で何度も激しいトップ争いを演じて169ポイントを獲得し、年間ランキング6位で終えた。2017年に向けた事後テストでは連日トップタイムを記録し、悲願のチャンピオン獲得に向けて順調なスタートを切った。


 18歳のパウイは、Moto3クラスのデビューイヤーとなった2016年に開幕2戦目のアルゼンチンGPで優勝を飾り、世界中を驚愕させた。ドイツGPでもシーズン2勝目を挙げる快挙を達成。2017年はMoto2クラスにステップアップして、新たな挑戦を開始する。


岡田忠之-チーム監督

「まずはメインスポンサーである出光興産株式会社様、並びに各スポンサー関係会社の皆様に、無事2016年を終えたことを心から感謝申し上げたい。中上はシーズン中盤から調子を上げ、念願の初優勝を達成できた。当然、来季はチャンピオン候補の一角となり、このクラスの日本人チャンピオンを狙っていく。Moto3からステップアップしたパウイに関しては、普段からのバイクトレーニング等を通して技術とメンタルを鍛えており、日本人以外のアジアンライダーで充分にチャンピオン候補となる可能性を秘めたライダーだと期待している」

中上貴晶

「来シーズンも再びこのチームからMoto2クラスに参戦できることがとてもうれしく、そして誇りにも思う。2016年はオランダGPで優勝を飾り、何度も表彰台を獲得した良いシーズンだった。厳しい時期もあったが、それも自分たちをさらに強くする糧になった。2017年に向けては、すでにヘレステストでトップタイムを記録して順調なスタートを切ることができた。2017年は自分がチームを牽引する存在になり、チーム一丸となって必ずチャンピオンを獲得したい」

カイルール・イダム・パウイ

「まず何よりも、僕の2016年Moto3クラス参戦を支え、応援してくださった皆様に心から感謝をしている。世界選手権初年度は、たくさんのことを学び、吸収できた一年だった。2017年は、Moto2クラスで新たな挑戦を開始する。レベルと難易度はさらに高く、ふたたびゼロからすべてを学ぶことになるのは承知の上だが、いまは新たなスタートに心からワクワクしている」



Takaaki Nakagami and Khairul Idham Pawi to Race with
IDEMITSU Honda Team Asia in 2017


Friday, December 02 2016


IDEMITSU Honda Team Asia is pleased to announce that the Japanese rider Takaaki Nakagami and the Malaysian rider Khairul Idham Pawi will participate in the 2017 Moto2 World Championship for their official riders.


In 2016, Nakagami took podium four times including stunning victory at Assen and concluded sixth in the championship standings with collecting 169 points. His only objective for the forthcoming season is needless to say: winning the title.


Alongside Nakagami, the eighteen-years old Super KIP steps up from the light weight category that he surprised the world with fantastic two victories in Argentina and Germany in his debut season of the world championship. The young Malaysian sets to start a new challenge in the intermediate class.


Tadayuki Okada - Team Manager

“Before everything, I would like to express our heartfelt gratitude to IDEMITSU Kosan Co.,Ltd and all our sponsors who have supported us in 2016. Without their help, we would have not been able to demonstrate our competitiveness. This year, Nakagami has shown his high potential as the season went on and achieved his maiden victory. Definitely, he will be a title contender for 2017. Meanwhile, Pawi will step up from Moto3 class. He has a very strong determination and never stops bike training and work-out even in this winter time. I believe that he has a great talent to be the first ever Southeast Asian rider to win the world championship.”

Takaaki Nakagami

“I am very proud and happy to take part in the Moto2 World Championship again with this team. The 2016 season was great with a few podiums and especially achieving a victory in Dutch TT, and even some tough moments made us stronger. For 2017, we’ve already made a good start with setting a quickest lap time in Jerez test, which gave me a great confidence that I can bring our team to the highest place of the championship! ”

Khairul Idham Pawi

“First of all, I would like to say thank you to everyone who helped and supported me to ride in the Moto3 class. I learned a lot throughout my first year in the world championship. In 2017, I will start a new challenge in the Moto2 class. Knowing that the level is even higher and tougher, I am ready to learn everything from scratch again. I am very excited to set on a new adventure!”