新着情報

Round.13 San Marino Qualifying

Photo Gallery

GP TIM di San Marino e della Riviera di Rimini - Rd.13

2015年9月12日
Misano World Circuit Marco Simoncelli – Italy
公式予選

天候: 晴れ
気温: 25°
湿度: 56%
コースコンディション: ドライ
コース温度: 39°


#30 中上貴晶
【FP3】 5位 1’37.680 (24 laps)
【Q P】 8位 1’37.422 (23 laps)


#25 アズラン・シャ-・カマルザマン
【FP3】 27位 1’39.029 (20 laps)
【Q P】 22位 1’38.321 (22 laps)


サンマリノGP二日目も昨日同様、透き通るような空の下スタートを切った。IDEMITSU Honda
Team Asiaのライダー中上貴晶とアズラン・シャー・カマルザマンは、それぞれ3列目8番グリッド、
8列目22番グリッドを獲得した。


中上貴晶は、午前中のフリー走行でわずかながらに2013年の自己ベストを更新。午後の予選
では、開始早々5分で午前中の自己ベストを更に上回り、暫定2位へついた。トップとの差0.6秒
で8位となり、明日の決勝は3列目からスタートを迎えることとなった。


アズラン・シャ-・カマルザマンは、午前中のFP3は前日までのベストを上回ることが出来ず苦戦を
強いられることとなった。しかし、午後の予選では、FP3での不調を払拭。1回目のピットイン後には
自己ベストを立て続けに更新し、22位8列目を確保した。


岡田監督

タイムが非常に接近している大混戦な予選となった。中上は、まだ昨日からの問題を抱えているが、
これらを解決できれば明日は良いレース展開ができると思う。明日朝にセットアップの最終確認をして
レースに挑むつもりだ。
アズランは、リズムを掴めず大きくタイムアップに繋がらなかったのが残念だ。明日のレースは、二人とも
良い結果で終われるよう、期待したい。

#30 中上貴晶

FP3では、昨日と比べフロントのフィードバックも良くなり、特に低速コーナーでのフィーリングが大幅に
向上した。予選に向けて良い感じで仕上がっていたが、本番で力みすぎて本来の力が全て発揮する
ことができず、目標としていた1分36秒台に乗せることができなかた事が本当に心残りだ。明日朝は、
バイクのフィーリングをもう少し上げる事に集中し、レースではスタートとレース序盤の展開を確実に
決めて、結果を残したい。諦めない強靭な精神でレースに挑みたい。

#25 アズラン・シャ-・カマルザマン

昨日からセットアップを若干変更してFP3に挑んだが、思ったようなフィーリングが得ることができなかった。
QPでは、マシンとのフィーリングも向上し自己ベストを更新することが出来たが、他のライダーが大きく
タイムを上げる中、リズムをつかめず苦戦してしまった。明日は、良いレース展開ができる様、ベストを
尽くしたい。



Photo Gallery

GP TIM di San Marino e della Riviera di Rimini - Rd.13

12.September.2015
Misano World Circuit Marco Simoncelli – Italy
Qualifying

Weather: Sunny
Air Temperature: 25°
Humidity: 56%
Track Condition: Dry
Track Temperature: 39°


#30 Takaaki Nakagami
【FP3】 5th position 1’37.680 (24 laps)
【Q P】 8th position 1’37.422 (23 laps)


#25 Azlan Shah Kamaruzaman
【FP3】 27th position 1’39.029 (20 laps)
【Q P】 22nd position 1’38.321 (22 laps)


San Marino GP took place under the clear blue sky. IDEMITSU Honda Team Asia Takaaki Nakagami
and Azlan Shah Kamaruzaman secured 3rd row 8th position, 8th row 22nd position respectively.


Japanese rider Takaaki Nakagami broke slightly his own best of 2013 at FP3 in the morning. At 5
minutes from the opening Qualifying session in the afternoon he improved further, holding provisional
2nd place on the timesheet. He ended in 8th place with only 0.6 seconds difference from the polesitter
and will start from 3rd row for tomorrow race.


Teammate Azlan Shah Kamaruzaman suffered from the further improvement of lap time from yesterday
at the FP3 in the morning. However his upset in the morning dispelled in the Qualifying. He broke best lap
time in succession after first pit-in and held 8th row 22nd position on the grid.


Tadayuki Oakada (Team Manager)

“It was very tight Qualifying session. Nakagami still had problems also today but I’m sure that he will be
able to make good race tomorrow, resolving the problems. We will check the setup tomorrow morning and
try to be competitive for the battle.
I saw that Azlan struggled to keep the rhythm. I am disappointed that he couldn’t improve the lap time.
I expect that both riders finish the race with good result!”

#30 Takaaki Nakagami

“At the FP3, the feedback from the front was improved a lot, especially the feeling in the slow corners.
I was going in good direction but in the Qualifying I pressed too hard and I am really disappointed that
I couldn’t show my full potential and break the 1’37 second which was my aim. Tomorrow morning I
will concentrate to increase the feeling with the machine and in the race I will try to make good start
to finish a higher position. I never give up in the race tomorrow!”

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

“I tried FP3 adding the adjustment on the setting from yesterday. But I could not have the feeling I
expected. At the QP, the feeling with the machine was better than before. But many raiders improved
the lap time but I struggled to keep the rhythm and to improve the time. For tomorrow race, I will do
all my best!”