新着情報

Round.13 San Marino Race

Photo Gallery

GP TIM di San Marino e della Riviera di Rimini - Rd.13

2015年9月13日
Misano World Circuit Marco Simoncelli – Italy
決勝

天候: 晴れ
気温: 26°
湿度: 59%
コースコンディション: ドライ
コース温度: 32°


#30 中上貴晶
【Race】 3位


#25 アズラン・シャ-・カマルザマン
【Race】 13位


IDEMITSU Honda Team Asia 中上貴晶は、激しい戦いの末、3位でチェッカーフラッグを受けた。チームメイトのアズラン・シャー・カマルザマンも、13位でフィニッシュしポイントを獲得した。


中上貴晶は、スタート直後第一コーナーを5位で通過するが、その後一時6位まで順位を落とすも、その後に素晴らしい猛追を見せた。トップグループを形成し、その後方についた中上は、そこから確実に一人ずつかわし、残り6ラップのところで遂に2位まで浮上。しかし、残り3ラップのところで後方からじわりじわりと追いつめてきたT.Rabat選手に交わされた。最後まで食らい付いたが、タイヤの消耗によりペースが上げきれず、そのまま3位でチェッカーフラッグを受ける事となった。


8列目22番グリッドからスタートを切ったアズラン・シャ-・カマルザマンは、第一コーナーを19番手で通過するもその後22位まで順位を落としてしまう。しかし、前走者とのタイムを徐々に詰めていき、確実にポジションを上げていった。自己ベストを更新し、13位でチェッカーフラッグを受けた。


岡田監督

やっと表彰台を獲得することができました。大変長い道のりではありましたが、これも支えてくださった出光興産(株)様、本田技研工業(株)様、そして各スポンサーの皆様のおかげです。

中上は、今日のレースで大きな自信になったかと思う。アズランも予選の順位が悪かったが、ポイントを獲得し良い走りができていた。チームにとって初表彰台を獲得し、この良い流れを次戦アラゴン、そして茂木につなげていけるよう、より一層努力をしていきたい。


#30 中上貴晶

ここミサノは自分にとって特別なレースでもあり、そこで表彰台に登ることが出来て本当に嬉しい。チームが頑張ってくれたにも関わらず、決勝で結果を残せないことがここ数戦続いていたので、やっと表彰台で恩返しがすることができた。レースは、良いスタートを決め、序盤も力強い走りをすることができたが、後半はソフトタイヤを選択していたので、少し厳しくなってしまった。それでも、3位を獲得できて、本当に嬉しい。次のアラゴン戦、そして茂木でのホームレースを見据えて、気持ちを切り替えて明日からのテストに取り組みたい。

#25 アズラン・シャ-・カマルザマン

とても良いレースができた。序盤からマシンとのフィーリングも良かったので、タイヤマネージや良いラップタイムを刻むことに集中できた。ポイントゲットができて、とても嬉しい。一生懸命頑張ってくれたチームに感謝したい。そして、タカにはおめでとうと言いたい。



Photo Gallery

GP TIM di San Marino e della Riviera di Rimini - Rd.13

13.September.2015
Misano World Circuit Marco Simoncelli – Italy
Race

Weather: Sunny
Air Temperature: 26°
Humidity: 59%
Track Condition:Dry
Track Temperature: 32°


#30 Takaaki Nakagami 【Race】 3rd position


#25 Azlan Shah Kamaruzaman 【Race】 13th position


IDEMITSU Honda Team Asia riders Takaaki Nakagami secured a fantastic 3rd place after an epic battle. Teammate Azlan Shah Kamaruzaman finished in 13th place and got in the championship points.


Takaaki Nakagami entered the first corner in 5th place, thereafter dropping down to 6th place. But he showed stunning pursuit. Nakagami who followed from the back of the top group overtook one by one, rising to 2nd place with 6 laps remaining. However he was overtook from T.Rabat who chased lap by lap with just 3 laps remaining. He tried to be persistent but struggled to pull the pace up because of the deteriorating tire wear, and finished in 3rd place.


Despite Azlan Shah Kamaruzaman who started from 8th row 22nd position on the grid pass through in 19th position, dropped down to 22nd position on the first lap. However he shortened gradually the time between the riders in front of him, improving the position steadily. He took the chequered flag in 13th position claiming well earned championship points.


Tadayuki Oakada (Team Manager)

“We finally secured the podium. It was very long distance to reach here, we owe it all to Idemitsu Kosan Co.,Ltd. and Honda Motor Co., Ltd. and all sponsors who supported us.

I hope that Nakagami could feel much more confidence in himself, and Azlan also made good race today. I believe that this win brought to us good flow toward next race in Aragon and in Motegi. We try to work harder to get much better result in the next races!!”


#30 Takaaki Nakagami

“I feel great to be on the podium especially here in Misano where I have special feelings. In the last few races I couldn’t win despite the team had work so hard to me. But finally I could repay team with the podium. I made good start and could push first half of the race, but I struggled to keep the pace to the end as I chose soft tires. Overall, I’m very happy to get 3rd place. We try to work harder much more from tomorrow for the testing here in Misano, looking toward the next race in Aragon and home race in Motegi!”

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

“I made good race today. I had good feeling with machine from the beginning, so I could concentrate to mange the tire and to keep good pace. I’m very happy to get the championship points and I want to thank the team who worked very hard with me. And I congratulate Taka on 3rd position!”