RIDER

中上 貴晶

生年月日:1992年2月9日
国籍:日本

4歳から乗り始めたポケバイから始まった。3年連続で全国大会で優勝し、9歳でミニバイクにステップアップし全国大会で優勝し、「最年少出場」と「優勝」を記録する。

2004年からロードレースに参戦。翌年は、全日本ロードレース選手権GP125クラス(当時)にスポット参戦しMFJルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。

2006年は全日本ロードレース選手権GP125クラス(当時)のフル参戦し6戦6勝の完全優勝を史上最年少で達成した。同時にMotoGPアカデミー(DORNA主催)にも参加し、その一環としてスペイン選手権への海外遠征も行うなど、大きな成長をつかんだ年でもあった。

2008年からはロードレース世界選手権125cc(当時)クラスに2年間参戦した。

2010年全日本ロードレース選手権ST600クラスに、2011年はJ-GP2クラスに参戦。 J-GP2シリーズチャンピオンを獲得し、MotoGP世界選手権Moto2クラスのもてぎラウンドに代役参戦。再び世界への扉を開いた。

そして、2012年~13年。ITALTRANS Racing TeamよりMotoGP世界選手権Moto2クラスにフル参戦し3度のポールポジションや4戦連続2位登壇した。


生年月日:1988年4月14日
国籍:タイ

ライダーであった父の影響により、バイクに乗り始め7歳の時に50CCモトクロスの大会で初優勝をする。

1999年11歳の時にロードレースへステップアップし、同年Honda One Make Race 112㏄クラスでチャンピオンを獲得。

2002年は150㏄へステップアップし、2004年には125㏄と150㏄の2カテゴリーでチャンピオンをおさめるなど、飛躍の年となった。

2005年からは、戦いの場を日本へ移し、全日本ロードレース選手権にフル参戦を果たした。

2006年には、世界選手権 日本GP 250㏄クラスにワイルドカードでデビュー戦を果たし、その翌年から世界選手権へフル参戦となった。

2014年、2015年と戦いの場を世界選手権からスーパースポーツ世界選手権へと移し、2014年は年間ランキング9位。2015年には、タイラウンドで初優勝を獲得した。

2016年からは、IDEMITSU Honda Team Asiaより再びWGPへ参戦を果たす。